どうして起こる?自律神経失調症の主な原因について

倦怠感、脱力感、イライラ、不安感など、様々な症状がやってくる自律神経失調症。この病気を引き起こす原因は未だにはっきりとはわかっていません。それどころか「病気」として認めていない医師も未だに多いのが現状です。

ですが、現代社会には「自律神経」のバランスを崩す要因は沢山あり、実際に自律神経の狂いによる不定愁訴に悩む患者は後を絶ちません。自律神経失調症という病名に関しての議論をよそに社会では実際に自律神経の狂いによる症状は増えているのです。そこで今回は自律神経失調症を引き起こす原因について紹介をします。

原因は様々!自律神経失調症の原因について

自律神経失調症は「自律神経のバランスが崩れた」事で起こる症状・疾患の為に起こりうる症状が非常に多岐に渡ります。そして自律神経の崩れが原因なのでその要因となるものも生活~社会の中に多々存在しているのです。

症状も原因もどちらも幅広い

自律神経失調症が非常に厄介な疾患であるのは「原因と考えられるもの」と「自律神経失調症と考えられる症状」が余りに多い事です。原因にしても単体で「これが原因」と呼べるものは少なく、様々なものが重なり合って起こっているケースが殆どです。

    <自律神経失調症の代表的な原因>

  • 環境の大きな変化
  • 生活リズムの乱れ
  • 動かせないストレス要因との接近
  • 更年期等の生理的な変化

ざっと挙げただけでもこれだけ要因が出てきます。ですが社会には「ストレス」となる要因はまだまだ沢山あります。つまりは自律神経失調症の原因を絞り込むのは非常に困難であると覚えておきましょう。

原因をある程度絞り込んでから治療開始

自律神経失調症の原因を「完璧に絞り込む」のは困難です。ですが絞り込まずに治療をするのはもっと困難です。そこで日常の中からある程度の「あたり」をつけて実際の治療開始となります。

インパクトの大きな出来事が引き金に!環境の変化

自律神経のバランスが崩れるのは「リズムに変化が起こった」時です。その代表的なものが「環境の大きな変化」となります。昨日までと違う今日が始まった時、大きなストレスになるからです。

住環境の引っ越し

最も大きな環境変化は「引っ越し」です。昨日まで住んでいた町から全く知らない街に引っ越す事で心身共に大きなストレスを感じます。知り合いがいない、町の事が何もわからないという状況が無意識的に心を緊張させるのです。

自分自身の引っ越し

進学、就職に伴って起こる「自身の引っ越し」は自律神経を大きく乱す可能性があります。引っ越しだけでもストレスなのに、更に学校・会社といった新たな環境へ適応する必要性が出てくるからです。

親友の引っ越しという変化

自身の引っ越しという事実だけが自律神経にインパクトを与える訳ではありません。自分はそのままでも親友の引っ越しが強烈なインパクトになるけーすもあります。昨日までいた親友が今日は居ない。この大きな環境変化がストレスとなります。

若い世代に特に多い!生活リズムの乱れによるもの

自律神経のバランスを崩す要因で特に若い世代に多いもの、それは「生活リズムの狂い」です。人間が持っている体内時計を狂わせる生活をしていると簡単に自律神経のバランスは崩れていきます。

生活リズムと自律神経

中高生に多いのがスマホによる生活の乱れです。特に就寝ギリギリまでスマホを持って活動していると睡眠障害などを引き起こすリスクが格段に高くなります。

大学進学と独立時が多い

若い世代の自律神経のバランスは「全く新しいスタート」の時に非常に起こりやすいです。その代表格が「大学進学」と「独立引っ越し」の二つ。自分で自分の生活を自由に決められる状態になると羽目を外し過ぎて生活リズムが一気に狂いやすいです。

ストレスが近すぎる!避けられない現実が原因となる

自律神経失調症が起こる原因の一つに「ストレス要因との距離」があります。余りにストレス要因との距離が近い、更にはその距離を変える事が自分でできないとなると一気に自律神経が狂いやすくなるのです。

職場の人間関係に多い

社会人に最も多い自律神経失調症の要因が「人間関係」です。特に上司との人間関係になります。これは転属・転職以外での距離の置き方がありません。その為多くの社会人がそのストレスの渦中で辛抱をしている状態です。

更年期等の生理的な変化

これは女性特有となるのですが更年期等の特有のライフステージを迎えた事によって起こる自律神経失調症も多いです。ただこの場合は生理現象なので時間と共に順応していくケースが殆どです。

第二次性徴にも起こりやすい

更年期障害以外にも第二次性徴の際にも起こりやすいです。この場合は不安感、イライラといった情緒面での症状が目立ちます。これも自然な生理現象なので一過性であることが多いです。

起こるのは自然、自分で調節する事が大切な疾患

以上、自律神経失調症を起こす原因について紹介をしてきました。更年期や第二次性徴などの生理現象として起こる場合は特に心配はいりませんが、職場の問題や生活の問題の場合は時間が解決をしてくれず悪化するケースが多いです。

ただし、「ああこの〇〇が原因ぽいな」というあたりをつけるのはつけやすい疾患でもありますので、考えられる要因を自分で調整して心身に起こる変化と向き合うようにしましょう。自律神経失調症は自分次第で変えていけるケースが多いのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ