薬の副作用を考えると体に優しいのは漢方薬か西洋薬か?

うつ病を「心の風邪」と捉えて、早め早めの治療を考える人が増えていますよね。通院もしやすく、土日も開いているクリニック形態の病院も増えて、以前よりずっとうつを抱えた人が医療機関で治療を受ける機会も増えてきたといえると思います。

ですが、それでも躊躇してしまう大きな理由のひとつに、抗うつ薬に対する不安や心配だと思います。ニュースで向精神薬の不法取引や副作用の恐ろしさが伝えられるたびに投薬治療を含むうつ治療を断念していては、いつまでたってもうつ状態から抜け出せません。

一度きちんと、うつ治療に伴う抗うつ薬について知ってみませんか?

抗うつ薬って実際のところ何なの?

うつで医療機関にかかるとなると、「心療内科」や「精神病院」「メンタルクリニック」と色々な名称もあり、厳密に言えば心身症向けか精神疾患向けかの違いはありますがおおむね、カウンセリングと投薬治療が主な治療だと思います。その中で投薬治療に用いられるのが「向精神薬」と言われるものです。

ただし抗精神薬というのは大きなカテゴリー名だと思えばよく、その中で「睡眠薬」や「抗不安薬」「抗うつ薬」「気分転換薬」等に細かく分かれていきます。そして先生とのカウンセリングの中で、症状にあわせて何が投薬されるかが決まっていきます。

この中で一般にうつ患者に投与されるのがうつ状態を改善するために用いられる「抗うつ薬」や体力が落ちているのを回復させるために睡眠時間を確保するための「睡眠薬」なのです。

抗うつ薬の効果と副作用って?

抗うつ薬はうつ状態を改善、あるいは症状を緩和させるために服用されるもので正しく服用すれば、「うつ気分からの改善や気持ちの明朗化」、「無気力状態かの緩和や意欲の亢進」「いらいらした焦燥感や不安感を軽くする」という効果が期待されるものです。

ただ、いまだにクリニックや先生によっては、カウンセリングもそこそこにどんどん薬だけを大量投与するということも散見され、その結果重篤な副作用に苦しめられるということがあります。

副作用の代表例としては、

  • 便秘や排尿に障害が出る
  • 眠気に苦しめられる
  • 胃腸に障害が出る
  • 肥満になる
  • 頭痛

といったものがあります。早めに先生と話し合い、効果と副作用を天秤にかけてどちらを優先するかということを見極めることが大事です。

抗うつ薬にも西洋医学由来のものと漢方薬とがある

実は一般に投薬され服用とれている抗うつ薬は西洋医学に基づいたケミカルなものがほとんどです。効果が出るまでに服用を始めてから時間差のあるものも多く、断薬は非常に大変だといわれています。

その一方でまだまだ世間一般の認知は低いですが、うつに処方される漢方薬もあります。漢方は漢方医がいたり漢方内科がある病院で処方されないとなかなか保険適用が難しく、費用が高めになるということも認知度が低めであることの理由だと思います。

しかし、患者さんとのカウンセリングターゲットを症状や薬の投薬のために絞っているので自分の体質にあった薬を処方してもらえ、また薬が体に合わない場合も、そのつど相談にのってもらえることは漢方薬の大きな特徴でありメリットだと思います。

効果もゆっくり効いていくものが多い分、副作用も小さいものが多いのも安心ポイントだと言えるでしょう。

自分に向いた抗うつ薬を手に入れよう

うつ症状を改善するためにせっかく勇気を出してクリニックに通っても、そこで処方された薬のせいで重い副作用に悩まされるようでは本末転倒に他なりません。西洋医学の薬も漢方薬も正しい処方と服用方法で、自分の体質や症状に合ったものを選べばあなたがうつから抜け出す大きなサポートになると思います。

一般の医療機関での治療に行き詰っていたり症状の改善が見られない場合は、お近くの漢方医や漢方薬局でも一度相談してみることもお勧めします。あなたに最適な薬が見つかるかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ