過激なイメージの勝谷誠彦さんが躁うつ病を発症!そして完治宣言へ

コメンテーターとして、エネルギッシュなイメージがある勝谷誠彦さんですが、2015年6月にうつ病であることを公表されました。

そして3か月後の9月にはうつ病が完治したと発表されました。勝谷誠彦さんのようなタイプの方が、うつ病を発症されたという発表は、多くの人を驚かせました。

ある日突然にうつ病に

勝谷誠彦さんは、自分自身のうつ病の発症の原因は「不明」と言われています。勝谷さんの、お父様が病状が悪い状態であったそうですが、勝谷さん自身は、そういった事は、うつ病の原因ではないと分析されています。

ある日突然、朝起きたらベッドから出られない、歩けないという状態になってしまったそうです。

勝谷さんは読書家であるため、以前に北杜夫氏の本から、うつ病についての知識を得ていたため、自分の状態が「うつ病」であると、すぐに理解されました。

勝谷さんは、うつ病の発症前に病識があったことがスピード回復の手助けしました。病識があること=敵(うつ病)を知ること、であるため、対処の仕方を的確に行えるからです。

様々な療法と躁病の持病に気がつく

勝谷さんは、まずは病院に行き抗うつ剤を処方してもらいました。早い段階で、対処する方が治療期間が短くなるためです。

ももいろクローバーのファンであったため、音楽で気分転換をしたり、お酒を飲む量も減らして、転地療養にも行かれました。積極的に気分転換をすることで、自分自身の回復を促しました。

また今までの自分を振り返った時に、自分はずっと「躁病」だったのではないかと気がつかれます。自分の「ワーッ」と話す様子を見ていると、躁病が原因だったとご自身で言われています。

だから、今のうつ病の状態は、躁鬱病の「うつ」の周期がきたのであって、ずっと昔から躁鬱病を発症していたのではないかと自己分析されています。

また躁の状態がやってきた

うつ病の発症から3か月後、自らうつ病の完治宣言を出されました。しかし、躁鬱病の「躁」の状態に戻っただけかもしれないとも言われています。

うつに比べれば、躁の状態の方が、ずっと精神的に安定しているという勝谷さんならではの「完治」なのではないかと思います。

勝谷さんは、うつ病を発表した理由を「自分を売ることが社会還元になる」という信念からです。うつ病の患者さんたちに「うつ病は恥ずかしいものではない、それほど心配しなくてよい」とエールを送られました。

今は回復され、様々な発信を続けておられます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ