うつで休職すると回復するか?生活環境の改善が大事! 男性 45歳 電機関連製造業の会社員 Y.U.さん

東日本大震災で福島原発の事故が発生しました。この事故により、放射線が通常より高い値になりました。

自分はこの影響を気にしなかったのですが、妻が子供に対する悪影響を心配し、妻と子供だけ関東地方へ避難することになって自宅で自分一人暮らしになりました。

なぜ自分は一人で暮らさないといけないのか。周りには気にせずに普段通り生活している人がいると思うと、なおさらなぜ自分はこうなるのかと考えていきました。

確かに、妻が言う通り放射線の影響がないとは誰も言い切れない状況だったと思いますので、子供のために避難することも一つの解なのかもしれません。

こんな状態で自分はうつと医師に診断されました。

休職することになるまでの症状は

うつと診断されてから会社の上司に相談し、周りの人との接触ができないこと、自ら行動できないことなど正直に話をしてできるだけ協力していただけることになりました。

また、薬も飲みました。しかし、自宅で過ごす時間や会社で自分に負担になるようなことはないのに、朝は不安や緊張で3時や5時に目が覚めてしまいます。

会社へ行きたくないと思います。会社の評価が落ちて給料が減ったことや周りの人から仕事をしていないなどの愚痴も聞かされましたが、全く耳に入りません。

どう思われてもいい、と思っていたのです。できるだけ人と接触しないようにして姿勢も悪くなり、残業して頑張っている人を横にして早く帰宅していました。

帰宅しても、いままではそこにいた家族がいない。なぜ自分はこんなことをしないといけないのかと考えて、答えは見つからないものの、また考えてしまいます。

会社を辞めようとも思いました。中年でこんな状態の人を雇ってくれる会社などあるはずもないのに、現状から逃げたい一心となっていました。

こんな症状になって、医師からまずは1ケ月間会社を休みましょう、と診断されたのです。

休職して回復したか?簡単には回復しません

休職することで、現状の環境から離れて意識を変えてみましょう、と医師から言われました。自宅にいても一人でいることが負担の一つでしたので、一人で旅行しようと思い立ちました。

医師も賛成でした。趣味を何か持ってください、と医師から言われていたのでカメラを始めました。一眼レフカメラを買って撮影を始めていました。

そこで、旅行しながらカメラ撮影をすることにしたのです。数回に分けて行きました。何百枚も撮影しました。しかし、自宅には家族がいない、ということは変わりません。

前述したような症状に耐えながら、あっという間に1ケ月が過ぎてしまいました。医師は、これ以上休職すると会社にいられなくなる、と心配していただき、復帰することになりました。

結局は根本原因である家族がいない暮らしを強いられている、との感情が回復を妨げていたのです。こんな症状が2年間続いていました。

回復するためにどうしたか

子供が高校1年になったばかりでしたので、当初はあと2年は我慢するしかないと思っていました。しかし、休職しても回復せず、根本原因を直さないとうつが続くと思いました。

そこで、子供には負担になるとは思いましたが、高校2年生になるときに自宅へ家族を戻すことにしました。妻も時間が経って放射線の影響が少なくなったと解釈していました。

そして、念願の家族といっしょに暮らすことがかなったのです。すると、1ケ月も経たないうちに症状は回復してきました。半年経つと、自ら周りの人を巻き込んで行動できるようになりました。

会社での評価も良くなりました。ボーナスの査定が良くなったのです。自分ではなく、他人が見ても会社に貢献していると認めてくれたことに感動しました。また、前向きに考える、他人のことはいい意味で気にしない、といった意識が大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ