子どもが生まれて不眠症に?睡眠の質をサプリで改善! 女性 29歳 T.M.さん

子どもが生まれる前はどこでも寝れて、目覚めのしゃっきりという生活で自分でも睡眠の質がよかったと思います。

それが子どもが生まれてから、いつも眠い感じがする、寝ても疲れが取れないなど睡眠の質の変化を感じ、寝ていても容易に目が覚めるなど不眠を感じるようになってしまいました。

産後は子どもの世話でゆっくり寝れない毎日が続く

子どもが生まれた後は夜中も母乳をあげたりゆっくり寝れない日が続きますよね。赤ちゃんによっては夜中の授乳がいつまでも必要なことがあるので、断乳をやめるまで朝までゆっくりは寝れないということが普通です。

わたしの場合もそうでした。断乳するまでの1年間は朝まで熟睡することはできませんでした。でも母乳をあげている間って、女性の身体には頑張るホルモンが出ていて、寝なくても意外に頑張れる。

意外に疲労を感じないということもあるというのです。それを信じて育児をしていたので、私もそれほど強い疲労や強い不眠を感じたことはありませんでした。

授乳が終わっても夜寝れない生活が続く

断乳を成功させると、今度は赤ちゃんがゆっくり朝まで寝てくれるようになってきました。私も少しこれで楽になるなあと感じたのですが、赤ちゃんが寝ていても私は睡眠が浅く起きてしまうのです。

以前とは全く睡眠の質が違うと感じ寝ても寝足りない、疲労は残ったままという状態が続きました。体は疲れているので、眠りたいのにそれを考えるとどんどん眠れなくなり、悪い不眠の傾向と悪循環に陥ってしまったのです。

サプリに頼ってみる

そんな時、私の母が一つのサプリを教えてくれました。母も不眠傾向でそのサプリを取っていたのです。それが「北の大地の夢しずく」でした。

試しに1週間分もらって飲んでみると、睡眠の途中で覚醒するものの、朝起きた時の疲れが違うのです。またよく寝れたと思う日もあったのです。

そのために私は自分で購入して継続することを決めました。それを飲みはじめてから1か月して、始めた朝まで継続して寝れる日が訪れました。私はこのサプリが効果があると思って嬉しかったです。

本来の夜寝て朝起きるという生活が出来る幸せ

夜中に目覚めていたときは、なんて時間が過ぎるのが遅いんだろうとか、このまま眠れずに朝を迎えるのかとかいろんなことを考えて不安にもなっていました。

しかしサプリを飲みはじめて、睡眠の質が変わり、朝まで眠れるようになったのです。すると余計なことを考えなくてもよくなり、わたしのストレスも減りましたね。

それからストレスが減ったことで子供と寝て子供と起きる。そして一緒に遊ぶなど本来の生活が出来るようになったと感じ、その平和な生活が幸せだと感じることが出来るようになりました

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ