全般性不安障害とはどのようなもの?不安の感情が抑制出来ない

全般性不安障害とは自分自身では不安の感情をコントロールできないほどに心配が過剰になってしまい、それが酷くなってしまい通常の生活などにも支障をきたしてしまう状態が、ある一定期間続いてしまう状態の事を示します。

全般性不安障害になってしまうと自分の身の回りで起こる事などにも常に不安を感じ、やがてそれが苦痛となってきてしまいます。そして長期化する事で全般性不安障害としての症状が前触れも無く襲ってくるようになってしまうのです。

全般性不安障害の症状とは?心配が抑制出来ない

全般性不安障害の症状とは個人差はあるのですが、概ね次のような症状が現れると全般性不安障害と診断をされます。

ほぼ全ての人に現れる症状は?

全般性不安障害となった場合に現れる症状としては、不安や心配を過剰なまでにしてしまう日が、しない日よりも確実に多いという状態が6ヶ月以上続いている。そして心配しているという自分を自分自身では抑制する事が難しいと感じるようになります。

その他に現れると症状は?

全般性不安障害は自分自身で心配を制御できなくなるのですが、それ以外にも次のような症状が現れおおよそ3つ以上が感じるようになります。

    <全般性不安障害の症状>

  • 落ち着かなくなり緊張感や神経の高ぶりを感じる
  • 疲労を感じるようになる
  • 集中する事が困難になり、空虚感に陥る
  • 挑発されたと感じ、頭に血が上りやすくなる
  • 筋肉の震えを感じるようになる
  • 寝つきが悪くなり睡眠障害を併発する
  • 汗をかきやすくなったり、吐き気、下痢などが起きる
  • 突発事態に顔面蒼白、冷や汗、動悸などが起きる

全般性不安障害になりやすい人は?女性で完璧主義

全般性不安障害になりやすい人というのはあるのでしょうか?全般性不安障害とは心配が抑制出来ない為に生活全てに対して不安を感じ、そして慢性化していく傾向が多いのです。その為、時間の経過によって症状がクセのようになって出てしまうのです。

なりやすい人の特徴は

全般性不安障害になりやすい人の特徴は性格的に影響を受けやすく周囲を気にしすぎで周りの環境を敏感に感じ取ってしまう人などはなりやすいと言えます。そしてコンプレックスなどを抱えていて自分に自信がなかったり、完璧主義者などもなりやすい傾向にあります。

男女での差はあるのですか?

全般性不安障害の症状が男女別に差があるのかどうか気になるところですが、統計的には女性の方が男性よりも2倍不安障害を経験しやすくなるとなっています。よって女性で上記のような性格の持ち主は注意をする必要があるのです。

全般性不安障害の原因は?性格、環境、生物学的要因

全般性不安障害になってしまう原因としては大きく3つの要素が考えられています。その3つとは性格からくるもの、環境からくるもの、そして生物学的な要因からくるものとなります。

性格からくる原因とは?

性格から全般性不安障害となってしまう原因としては、我慢強い人、ネガティブ思考の人、リスクを回避する性格の人などがなりやすくなります。

環境からなってしまう原因は?

環境からなってしまう原因としては、主に育ってきた家庭環境にあり逆境にあってきたり、親の過保護などが原因となるケースがあります。

生物学的な要因としては?

生物学的なものとしては、遺伝によるものが原因としてあげられています。全般性不安障害が出るようなケースは脳内のセロトニンという神経伝達物質が関係しているのですが、その調節機能については遺伝性があると認められているのです。

全般性不安障害の治療法は?薬物治療と精神療法です

全般性不安障害になってしまった場合にはその治療法を知っておく事が大事です。主な治療法としては薬物療法と精神療法があるのです。

薬物療法とは

薬物療法には薬の効果の速さを求める場合には抗不安薬であるベンゾジアゼピン誘導体、ダンドスピロンなどを使い不安や緊張を和らげます。但し抗不安薬は続けて使うと依存性が高いので注意が必要な薬なのです。

続けて使うと場合には抗うつ薬であるSSRIや5-HT1A受容体部分作動薬などが使われます。

精神療法とは?

精神療法には代表的なものとして認知行動療法や森田療法があります。精神療法はどちらかというと即効性は無くゆっくりと治していくイメージです。そして薬物療法と比較すると副作用は少なく再発率も少ないのが特徴です。

日常にできることは?生活習慣の改善です

全般性不安障害になってしまい、薬物療法も精神療法も取り組んでみた上で日常生活でも改善する為にできることはまだまだあるのです。

大事な事は?

全般性不安障害を改善する為に日常できることで大事な事は生活習慣を整えていく事なのです。

気をつける生活習慣は?

気をつけるべき生活習慣は、十分な睡眠を取る事、そして栄養バランスの良い食生活を送る事、適度な運動習慣を持ち、アルコールなどは適量とし飲みすぎを絶対にしないようにする事などです。

まとめ

全般性不安障害とは、通常の人であれば制御できるような心配や不安に対して制御出来ないくらい過度に不安となってしまい日常の生活にも多くの障害が出てしまう症状のことを言います。全般性不安障害は男性よりも女性の方が2倍多くなる傾向があり、その中でも周りのことを気にしすぎる人や完璧主義者の人などがなりやすいのです。

なってしまった場合には薬物による治療方法と精神療法の2種類がありますが、この病気は時間をかけて悪化するケースが多く治療にもそれ相応の時間がかかります。薬物は即効性がありますが、薬が切れると再発性が高くなり、精神療法は時間がかかり即効性は少ないのですが、再発率は少ないので両方のいいところをうまく治療に充てることがお勧めです。

また、自分自身として気をつける事は睡眠や運動習慣、バランスの良い食生活などが大事な事なので意識して生活していく事が予防にもなるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ