休職中はどうすればいいの?うつ病での休職中の過ごし方が不安なあなたの為に

うつを療養中の方の原因の一端になっていることが会社で働くということが挙げられます。休職したいけど、本当に休んでもいいの?なんて不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、働きながらうつを治すもの困難なことです。思い切って、原因の一部である仕事を休んで、回復してから働くのも早めの治療にながります。

あなたの会社の就業規則に休職できる制度があるなら是非、利用しましょう。

休職するとどうなる?

休職とは、会社を退職せずに一時、お休みの期間を頂くことです。多くの会社が、病気やケガで働けなくなった場合に利用する休職制度を設けています。

給与面では、満額が支給されるわけではありません。しかし、健康保険から支給される傷病手当金というものがあり最長1年6か月の支給があります。

退職して収入がなくなる、今後の職探しの不安よりも休職して安心して療養生活を送る方が得策ではないでしょうか。

しかも、休職制度を利用するのは、働いているあなたの当然の権利です。きちんと治してから働く方が会社の為にも、あなたの為にも良いことです。

休職中はのんびり、リラックス

せっかく休職したのですから、快適な休職期間を過ごしましょう。うつを治すには、休むことが大切です。

しかし、「仕事が気になる」「治っても働く居場所があるだろうか」と心配になることもあるかもしれませんが、そう考えてしまうことが心に負担をかけていますよね。

病気のあなたはまず、心を休ませることが一番なのです。仕事のことは忘れて、毎日を過ごすようにしましょう。

また、深く考えず、のんびりとリラックスすることも大切です。今まで働いてきた分、ゆっくりする時間が与えられたのかもしれません。のびのびと過ごしましょう。

休職中の過ごし方は?

しかし、一日中、家の中でダラダラと過ごすのも勿体ないものです。規則正しい生活をして、散歩などの簡単な運動を心がけるようにしましょう。

また、食事は3食をキチンと取るようにしましょう。栄養豊かな食生活は、生活にハリを与えてくれます。美味しい食材を購入しに歩いて出かけるのも良い刺激になります。

運動と兼ねて、買い物に出かけてみましょう。また、薬を飲んで徐々に回復してきても自己判断で薬を中断するなどの行動は取らないようにしましょう。ゆっくり過ごして無理の無いように生活しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ