気分変調症の治療法とはどの様にする?薬と心理療法の併用がベスト!

なんとなく気分が晴れなかったり、何もする気になれない等の状態が1日中続いてその事が長く続いても特別その症状が重症ではなく軽いので気にしないで過している方もいます。これは気分変調症の可能性があります。

なんとなく変だなと思いながら不安を感じて過している方もわりと多くいます。自分の状態が判らないから、どのように動いたら良いのか分からないという方も多くいます。不安を感じながら、時間だけ過ぎていく事に焦りも感じますよね。今回は、気分変調症について病院での治療法について調べました。

気分変調症とは何なの?憂鬱な気分が長い間続く事!

気分変調症とは、1日中気分がすっきりしない事が何日も長い期間続く慢性疾患の事をいいます。この病名はWHOの診断基準での言い方になります。アメリカの精神医学会での言い方は、気分変調性障害と言います。

気分変調症は、特別な病気ではなくだれでも罹りやすい病気です。うつ病とよく似てはいますが、症状はとても軽いです。但し、放置する事で他の精神疾患を併発させる可能性があります。

症状にはどんな事が?

症状はうつ病とよく似ていますが、その症状が長期にわたって続く事が特徴にあります。中には、幼い頃か症状が継続している方もいます。よく見られる症状を下記に挙げました。

    <気分変調症でよく見られる症状とは>

  • 1日中すっきりしない
  • 不眠や過眠の睡眠障害がある
  • 何もする気になれない
  • 集中して考えたり、決める事が出来ない
  • 食欲不振、過食

薬を飲んだからと安心出来ない?自分の内面も改善!

気分変調症の治療に使われる薬は、うつ病の治療と同じで抗うつ剤等が使われます。以前薬は副作用が強く、あまり使われなかったのですが現在は改良がされて高い効果も認められています。

但し、薬を飲んだだけでは治療としては不足です。気分変調症の治療は、心へ働きかける事が必要になります。そうする事で、今の自分を見直すことで治療を進める事が出来ます。

自分の内面も改善とは?

気分変調症の患者さんは、軽い症状とはいえとても長い期間苦しめられていました。その事で、物事の考え方や判断にゆがみが生じています。そこを改善することが必要なのです。

治療のポイントは精神療法?心の内を改善する事!

気分変調症の治療のポイントは、精神療法といえます。これは、心の内側に働きかけて心の状態を良くしていく事を目的にしているものです。

精神療法も色々な方法があります。患者さんの状況によって、意思の正しい判断の下行なわれます。代表的なものとして、「認知行動療法」・「対人関係療法」・「森田療法」等があります。他にもありますので、医師と良く相談される事をお勧めします。

認知行動療法とは何?

認知行動療法とは、物の考え方などのバランスを整えてストレス等へ上手く対応出来るようにして気持ちを楽にする事を目的とした心理療法の1つです。

対人関係療法とは何?

現代の社会生活の中では、ストレスを受けやすい環境にあります。その中でも大きなものは、人間関係でのストレスが多く見られます。ですから、身近な大事な人との対人関係のあり方を見直していくものです。

森田療法とは何をする?

森田療法とは、症状を特別な事をして治すのではないのです。ストレスを受けて、心が不安定になるのは自然な事として受け入れて仲良く付き合っていくという方法です。

気分変調症治療のポイント?今の自分を認める事!

気分変調症の治療を始めるにあたり、大切なポイントがあるのです。少し難しい事になりますが1つは、今現在の状態が自分の性格から来ている事ではという事です。

2つめは、気分変調症という病気は簡単に治る病気では無いという事になります。これは、とても大切な事です。この事をしっかりと、心にとめて治療に向かう事がその後大きなプラスにつながります。

簡単に治らない病気?

気分変調症は、病院を訪れるまでに個人差はありますがとても長い時間を経過しているケースが多いのです。治療もその分時間が必要になります。

無理をしない事が必要!

時間が罹る病気なので、焦らない事も大切です。治療をはじめたからといって、調子の悪い時に無理をする事はマイナスになります。調子の悪い時は休んで、ゆっくりと進みましょう。

治療を始める為には?専門の医療機関の受診が必要!

気分変調症は治療をすれば改善が期待できる病気です。ところが、症状がうつ病に比べると軽いので病院を受診する事を躊躇する事や大した事ではないと過してしまう事が多く見られる病気になります。

これはとても危険です。治療をしないで放置する事で重症化して、うつ病へと繋がる事もあります。必ず、精神科や心療内科等の専門の医療機関の受診を早めにして下さい。

医療機関受診の為には?

病院へ行こうと考えていても、何処に行けばいいのかわからない方もいますよね。安心して下さい、地域に相談する所があります。保健所や、精神保健福祉センターでも相談できます。

まとめ

今回は、治療が遅れる事が多い気分変調症という病気について症状やその治療の方法についてどのようなものがあるのか調べました。

気分変調症とは、1日中気分が晴れない事が長い期間続く慢性疾患です。特別な病気ではなくだれでも罹りやすい病気でうつ病と似てますが、症状は軽いですが放置すると他の精神疾患を併発させる可能性があります。

治療には、抗うつ剤等が使われます。以前薬は副作用が強く、あまり使われなかったのですが今は改良され高い効果も認められてますが薬だけでは不十分で精神療法の併用がベストです。

治療を始める時のポイントは、今現在の状態が自分の性格が原因ではないと認める事と簡単に治る病気でない事を認める事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ