家族がうつ病になったときのためにできる備え

誰かがうつになった場合、その人はもちろん誰かの家族です。その誰かが自分であったときにはあなたはどうしますか?決してそんなことは起こらないと言い切ることもできません。

ストレスの多い現代ではなおさらです。一つ、私たちにできることと言えば、何かが起きた時にパニックや混乱の中でどうすればいいかを模索するのではなく、元気で安定している穏やかなうちに備えをすることです。

あなたの愛する大切な人々との日々が、病気のせいで荒れた海のようになったとしても家族のきずなを保てるように、今から学んで備えをしましょう。

近い関係だからこそ理解が重要

家族の中にうつの症状が出た人がいる、または疑われる人がいる場合にまず大切なことは家族が病気についてどの程度理解しているかです。うつは誰にでも起こりうる症状ですので、常識としてある程度の知識は書籍などから得ておく必要があるでしょう。

未知のものに対応することは難しいことだからです。逆に、症状が出ているにもかかわらず悪化させるような発言を繰り返したり、やつあたりやプレッシャーを加えるなど相手の立場を思いやらない行動に出てしまってより深刻な症状に発展する恐れがあります。

自分から事態の悪化を促進するような行動は慎む必要があります。気のせいだと見過ごしにせず、状態と事実をありのままに認識することも大切です。

私情と事実を区別して、もし疑われるようなサインに気付いたなら、日付をかきとめるようにしましょう。2週間以上続くようなら、受診を考えましょう。

家族でカウンセリングや受診ができる

いざ病院へ受診となった時に、不安を覚えるのは本人だけではありません。心療内科や精神科には家族連れで初診に訪れる人もみかけます。

カウンセリングで家族の参加を勧められることもあります。病気の症状によっては、家族の参加を断られるケースもあるかもしれませんが基本的には医師に色々な質問や生活の注意点、家族から見た本人の様子を報告することなどメリットもありますので、家族が病院に一緒に行くことができることを覚えておきましょう。

そういったことに無関心な家族もいるかもしれませんが、本人のうつの状態を甘えやなまけだとして現実を認められない場合など理解が難しい場合、せっかく治ろうとしているところに水を差すようなことになりかねませんので、家族の一致がとれていることが理想だと思います。

自分の健康を守りつつ、見守るには

うつ状態やうつ病になった家族を必要以上に世話をしたり、心配することで世話をしている家族もうつになってしまう場合があります。いったいいつ治るのか、寝ているだけのように見えてイライラするが気持ちをぶつけられないなど、病気になった本人の周りの人々も世話をすることのストレスを抱えることになります。

こういった場合、家族だけでなにもかも完結させようとしてしまい家族が疲れてしまったり、けんかをしたり、不和の原因を本人に押し付けたりなど負のスパイラルに巻き込まれないように気をつけなくてはいけません。

悪循環に踏み入れないためには、こんなことを知られては恥ずかしいと家族の中にひきこもるのではなく、すすんで医療従事者や行政の相談員、自分の家族以外の人と連携を取り、こつこつ自分のストレスの圧力を下げられるようたくさんの人とかかわりましょう。ひとりだけで頑張ってはいけません。

自分から助けを求めよう

うつに限らず精神的な病は一般的に知られているといっても肉体的な病に比べると対処が難しい部類ではないかと思います。このような難しいことに対しては、難しいように事にあたらないといけないのではと思います。

病気を知らないことによって家族間のいさかいや症状を悪化させるような無駄なエナジーの浪費を防ぎ、日頃から本を読んだり情報を集めるなど学びと備えと心構えを持ちましょう。自分の力に余ることは自分から助けを求め、ほかの人と連携して対処できるように練習をしましょう。

本人も家族も見えない嵐に一人で立ち向かわなくてよいのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ