うつ病での復職後の注意点は何か?5つの力を身に着け復職しよう!

うつ病で休職した人は、会社を休んでいることで仕事への自信を失っており、周囲へ迷惑をかけたとして、強い自責感を持っています。

そのため、早く復職して元通りの成果を上げ自信を取り戻そうと、無理をしがちな傾向があります。また、周囲の人も、どのように関わって良いか分からず、積極的にコミュニケーションを取りにくいことも事実です。

この様な状況で、復職を成功させるために、本人や周囲が注意しなければならないポイントについて説明します。

再発の根本原因とは?ギャップが診断を見誤せる!

うつ病の再発率は非常に高く、初発の人の60%が再発しています。更に、2度目の人は75%、3度目に至っては90%の人に再発が見られます。うつ病は、繰り返すたびに再発率が高くなる特徴を持った病気です。

再発の根本原因とは?

うつ病の再発原因は、病気を完治させる薬や治療方法が、存在していないことです。薬物療法や精神療法は、ある意味症状を和らげる「緩和医療」であり、根本治療ではありません。

ギャップが診断を見誤せる!

うつ病の治療では、主治医は患者の自己申告を根拠に治療を行います。そのため、患者本人が正確に体調を把握できていないことや、復職を焦るあまり回復を強調してしまうことも多く、回復度合いの診断が難しくなっています。

また、主治医の考える回復は、日常生活への復帰レベルであるのに対し、職場の要求は、業務遂行可能レベルの回復であり、大きな差異があります。そのため、充分に回復しないまま復職することになり、当然、仕事の成果もでず、自信の喪失と自責感の増悪となって、再発を誘発することになります。

慢心が再発を生む!復職をチャンスに変えろ!

余程のことが無い限り、休職の前後で企業や職場の環境が変わることはありません。メンタルヘルスケアに熱心な企業でも、その職場環境で発症した訳なので、患者本人の仕事への取り組み方や考え方が変わらない限り、同じ失敗を繰り返すことになります。

慢心が再発を生む!

時短勤務や業務制限など様々な配慮や本人の努力の結果、仕事を続けられてくると、自信を取り戻してきます。しかし、体調の安定や減薬の成功に慢心し、完治したと誤解して薬を飲まなくなったり、認知療法などで学習したセルフコントロールを怠ってしまいがちになります。その結果、以前と同じ道を歩むことになり、再発が誘発されてしまいます。

復職をチャンスに変えろ!

うつ病による休職は、いやおうなしに今までの働き方を見直すきっかけとなりますし、しなければなりません。上司など管理職が、相談相手となって、働き方の問題点の整理への協力や業務上の配慮などがあれば、本人にとって大きな支えとまります。また、本人の自己改革だけでなく職場環境を見直にも波及し、職場全体のメンタルヘルスケアの向上にもつながります。

早期発見が最善策!コミュニケーションが重要!

早期発見が最善策!

うつ病は、様々な要因が重なり再発率が非常に高い病気のため、完全に再発を防止するのは困難です。そのため、再発の兆候への早い段階での気づきと、業務調整など早期対応が、唯一の手段と言えます。

コミュニケーションが重要!

周囲の人は、復職した人への対応が分からず、配慮するあまり遠くから見守りがちになります。その優しさが、プレッシャーとなり自責感を高めることもあるため、必要に応じて直接声をかけることが大切です。最初から100%の成果を求めていないことを伝え、実際そのような対応するなど、充分なコミュニケーションを持つ必要があります。

円滑な職場の雰囲気は、復職した人の焦りや自責感を緩和すると共に、早期発見につながります。

復職に必要な5つの力!セルフチェックで自己防衛!

うつ病の再発要因は、大きく「職場復帰可否判定の不確定さ」と「職場復帰後の慢心と過信」の2つですが、まず、入り口である復職のタイミングを見誤らないようにしなければ始まりません。

復職に必要な5つの力!

本当の回復度合いを計る意味で、企業側は焦らすことなく、本人も冷静かつ正直に回復状況を確認することが大切です。業務遂行に必要な5つの力のチェックを、本人と企業と協力して行います。

    <復職に必要な5つの力>

  • 就業意欲力:働こうとする意欲度合いの確認。迷いがある段階は、時期尚早。
  • 生活リズム力:寝食に乱れが無いかを、数週間継続して観察。
  • 疲労回復力:疲労と回復のサイクルが機能しているかを、数週間継続して観察。
  • 社会適応力:通勤に際し、電車や人混みでのストレス度合いを、通勤訓練などで確認。
  • 業務適応力:発病原因とその対処方法、業務への耐久性を自己分析させる。

セルフチェックで自己防衛!

自己管理の継続とは、言葉で言うほど簡単ではありませんが、常に、再発リスクの高い病気であることを忘れないことが大切です。薬が処方されなくなっても定期的に通院する、リワークなどのフォローアッププログラムに参加するなど、セルフケアに努めることが再発防止にとって必須事項となっています。

    <3つのセルフケア>

  • 生活リズムの維持:寝不足や食生活の乱れの有無、疲労と回復のサイクルが機能しているかをチェック。
  • 回復テクニックの実施:多少の落ち込みは、行動することで改善。認知の歪みの振り返り。
  • 休日の有効活用:平日と同じリズムで生活し、趣味や楽しみを見つける。

国や企業の取り組みとは?復職への5のステップ!

うつ病など精神疾患による休職者の増加への対策として、厚生労働省は、「職場復帰支援の手引き」の公表や、「ストレスチェック制度の義務化」など様々な施策を打ち出しています。企業サイドも、「生産性向上」や「リスクマネジメント」の一環として「メンタルヘスケア」に取り組む事業所が増えています。

「職場復帰支援の手引き」では、5段階のステップごとに施策を施すよう説かれています。企業では、それぞれの社風や業務の性格に合わせた施策を策定し実施されています。

    <復職までの5つのステップ>

  • 1stStep:休職開始と休職中のケア
  • 2ndStep:主治医による復職可能の判断
  • 3rdStep:復職可否の判断基準および支援プランの策定
  • 4thStep:最終的な復職の決定
  • 5thStep:復職後のフォローアップ

まとめ

どのような労働者であれ、企業活動を行っていく上で、ストレスと無縁ではいられません。このような社会情勢のなかでは、誰でもうつ病になりうる可能性があります。

常に「今のやり方が正しいのか?」、「もっと良い方法はないか?」と見直す視点は、本人だけでなく企業の成長にも役立ちます。「現状維持は、停滞ではく後退であり害悪である」との認識を持って見つめ直し、メンタルヘルスケアに努めましょう

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ