勝谷誠彦さんがうつ病を告白!わずか3か月のスピード完治

2015年5月10日にコラムニストの勝谷誠彦さんが、自身の配信の有料メールにてうつ病を告白しました。

また、週刊誌に掲載中の自身の連載コーナーにて詳しく病状を掲載しました。

歯に衣着せぬ発言が彼の持ち味だっただけに反響が大きく、意外だと言った意見が多かったのも事実です。

では、勝谷誠彦さんはうつ病とどう付き合っていったのでしょうか?

勝谷誠彦さんの症状は?

勝谷さんは、自身のメールで「気が付けば包丁を持っていた」、「やたらに涙が出て困る」と書いています。

うつの症状は気持ちに波があり、体調が良く感じていても、ふと何かが原因で激しく落ち込んだり、死んでしまいたいと思ったりすることがあります。考える力が低下してしまい、頭の中がボーっとしたモヤがかかったような状態に感じるのです。

他人から見ると、若い人ならサボっている、高齢者なら痴呆になったのかと勘違いしてしまうこともありますが、決してそうではありません。うつにかかると、感情が通常よりも豊かになり、自分でも感情の起伏コントロールができなくなってしまうのです。

勝谷誠彦さんのうつの経過は?

勝谷さんは他のうつに悩む人の為にもと、うつの経過について隠すことなく告白しています。

しかし、それはあまりにせきららな告白だったせいか、お叱りの言葉も頂いたそうです。「うつのことは書くな」などの厳しい意見も多数、寄せられたとか。

うつの薬が効いていない、週末を生き延びたなどの文章は、見ていて楽しいものではなかったのでしょう。

しかし、うつ病に悩む人なら、多かれ少なかれ感じる悩みかもしれません。隠しても仕方がない、それよりも今の状態を理解してほしい、自分をわかって欲しいと感じていたのかもしれません。

勝谷誠彦さんの現在は?

現在、勝谷さんはうつ病を発症して3か月で、完治したことを告白しました。薬を全く服用しなくなったそうです。

多くのうつに悩む方が苦しんで闘っている人がいる中、治癒を公表することも大きな悩みだったようです。

よく世間で言われているような「さぼり病」ではない「心の風邪だ」とも書かれています。ちゃんと治療をすることが大切である、偏見はあるがきちんと治してほしいとも語っています。

これは、本当にうつを理解した人の発言ではないでしょうか。

異例のスピードで完治した勝谷さんですが、通常は治るまでに時間がかかるのは仕方がありません。良くなったと感じても焦らずに治療を続けることが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ