なぜ漢方薬がうつ病に効果があるのか?

漢方薬うつに対する投薬治療として、副作用などが気になり漢方薬を選びたいという方も多いようです。

うつに効くとされている漢方薬は、とても沢山あり、漢方薬局によっても処方が変わってきますので、すべて挙げられませんが、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)などはよく選ばれます。

うつに効く漢方薬に使われる生薬は、気持ちを落ち着ける効果、安静にする効果、また、内臓を強くしたりする効果などがあるものが選ばれます。

漢方の治療目的

漢方の治療の目的は、身体のバランスを整えることにあります。漢方には、気・血・水という考え方があります。これは、身体を巡る要素であり、気はエネルギー、血は血液、水は体液のことです。この3つの要素の流れが悪くなることで身体の不調がおこるとされています。

そして、うつの場合はそのうちの「気」がスムーズに流れていない状態だと考えられます。ですので、うつの治療に漢方薬を使用する際には気の流れを改善する薬が選ばれます。

うつが重症の場合には、西洋医学の薬との併用が進められます。少し改善されてきたところで漢方薬を使用すると、かなり効果を発揮するようです。

漢方薬を処方してもらうには?

では、漢方薬を処方してほしい場合はどうすればよいのでしょうか。漢方医や漢方薬局に行って、相談することがまず必要となります。

また、その際は、かかっている主治医への相談が必須です。漢方治療を始めたとしても、勝手に処方されている抗うつ薬をストップしてしまうようなことはやめましょう。

漢方薬をうまく併用すれば、抗うつ薬の副作用の体調不良などがよくなることもあります。また、回復期になってからの抗うつ薬を減薬していく際もスムーズにいくことが多くあります。

うまく使って行けば回復も早くなります。一度主治医に漢方のことも相談してみるとよいでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ