西洋薬と何が違うの?漢方薬がもたらすうつ病への効果は?

漢方薬は中国から5~6世紀以降に医学として伝わりました。

その後、室町時代までは伝来した漢方薬の医学に沿って診断や治療が行われていたのですが、それ以降は日本で独自の進化を遂げていきます。

日本独特な風土や気候を始め、日本人の体質に見合った効果が考えられ、生活の仕方に対応した医学に直されていったのです。

漢方薬は日本独自に発展した

そして現代。医療で用いられている漢方医学や漢方薬は、その当時の日本伝統医学が受け継がれ、発展をしていった日本独自の医学と言えます。

科学的な西洋医学は、臓器や脳など物質面を重視し、客観的に分析して症状を導き出します。薬はその症状に見合ったものが処方されますね。

一方、漢方薬を用いた医学は、自然科学的で伝統的な医学であり、心と身体を一体として見ています。

個人の体質や特徴を重視して症状を判断し、数種の成分が含まれた漢方薬を処方しますので、うつ病だけでなく併用して他の諸症状にも効果が期待できます。

症状による使い分けが賢い選択

どちらにも利点があり、症状によって使い分けるのが賢い選択といえるでしょう。

例えば、身体に広がった細菌を殺す、脳や胃腸の精密検査をするなど、西洋医学のほうが得意である分野ではそちらで対応し、逆に検査では表れにくいちょっとした不調や症状は漢方医学で治療をするといったことです。

こうすることで治療の幅が広がり、同時に完治への道も大幅に縮まりますね。

漢方医学でうつ病の状態は、気の流れが正常ではない症状とされています。ですが、大きな効果を得ようと身体全体の機能を向上させるのではなく、気の流れを整えるものに鎮静作用のあるものを配合して、患者さん一人一人に合うオリジナルの漢方薬を生成していきます。

現状、漢方薬は軽微なうつに

近年ではうつ病への効果も大きく期待されてはいますが、実状としては抗うつ薬が第一薬とされ、漢方薬はあくまで軽微なうつ症状や、抗うつ薬の副作用対策に、というのが多いです。

なので、うつ病の傾向がある、とまではいかなくても、気持ちが沈みがちな面を自分に感じたら、健康のためと思って漢方薬を始めるのが、後にうつ病となることを防ぐ最大の効果となるでしょうね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ