うつ病がなかなか治らない!うつ病に漢方薬は効果があるのか?

いわゆるうつになってしまった場合、病院に行くとまず休養と薬物療法か始められるのが一般的です。

薬物療法では、いわゆる抗うつ薬という、脳の神経伝達物質のバランスを整えるための薬が処方されます。

抗うつ薬に対して、抵抗を感じて漢方薬を希望される方も少なくないようです。漢方薬にもうつに効果のあるものがいくつもあります。

ただ、重症の場合は、まず抗うつ薬で改善していきます。すこし症状が落ち着いた際に、抗うつ薬とともに漢方薬が処方されます。

漢方薬はうつに対してどのような効果があるのでしょうか?

漢方薬の考え方は?

漢方薬の考え方には、証と気血水の二つがあります。

」というのは、簡単に言うと体質となります。

たとえば、熱をもったタイプのかたに温める方向に効く漢方薬は効果がありませんし、逆に冷えの傾向のあるかたに冷やす漢方薬は効果がありません。証は漢方薬局などで、体質を見てもらうなどして判断されます。

もう一つの考え方、「気血水」は、身体の調子を判断するものです。

」は、エネルギーの流れを、「」は血の流れを、「」は体液の流れのことをいいます。それぞれの流れが悪くなると身体の調子が崩れます。

気の流れの悪さから「うつ」が起こる

うつは、この中でも気の流れの悪さから起こるとされます。

漢方薬の生薬の中には、いくつも気の流れをよくする効果のあるものがあります。気の状態と、その人の証からどの漢方薬が合うかの判断がされます。

漢方薬は、抗うつ薬とともに処方されますが、回復して来た時の抗うつ薬の減薬をスムーズに行うことができるという効果があります。

抗うつ薬の減薬はうまく進まない事も多いのですが、漢方薬によって身体が整えられていくことで通常よりも速く、スムーズに減薬に成功する場合もあります。

一般的な精神科のクリニックや病院では、うつで漢方薬を処方してもらえるところもありますが、多くは症状から漢方薬を選んでいます。

漢方薬を試してみたい、自分の証をきちんと見てもらいたい場合は、漢方薬局などに行って見ましょう。

また、漢方薬も処方してもらえる病院に転院するという方法もあります。自分の納得する方法を探してみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ