うつ病に効果がある漢方薬

漢方薬には多種多様のものがありますが、一貫して言えるのがうつ病のみでなく、ストレス疾患など他の症状にも効果があるということです。

そんな中、うつ病に効果があるとされる漢方薬をいくつかご紹介します。

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は、比較的に体力がある人が、のぼせて顔面が紅潮し、イライラして気分が落ち着かない時などに用います。

精神的に不安になったり、不眠、頭痛、肩こり、耳鳴りなどに効果があるとされており、うつ病の方にもよく処方されています。

似た特性を持つ漢方薬として、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)というものもあります。こちらも共に、虚弱な体質の方には不向きなタイプです。

四逆散(しぎゃくさん)

四逆散(しぎゃくさん)は、痛みを和らげ、炎症を抑える効果を持ちます。こちらは体力が程よくある方に向いており、胆のう炎や胆石症を始め、胃炎や胃潰瘍、気管支炎などにも効果があります。

神経症や不眠など、心の調子がよくない、いわばうつ病時にもよく用いられています。

構成生薬は、炎症を鎮める柴胡(サイコ)、気分を落ち着ける枳実(キジツ)、痛みを和らげる芍薬(シャクヤク)、緩和作用のある甘草(カンゾウ)などが配合されています。

煎じる必要のない、乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、些か名前が長く専門的な趣がありますが、気持ちを落ち着け、心を穏やかにする効果がある漢方薬です。

神経の高ぶりや高血圧や動脈硬化の鎮静を始め、不眠や精神面に関わりがある動悸や性的機能を回復させる効果が期待できます。

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)は、腹痛や便秘がちの方によく処方される漢方薬です。

こちらは体力にあまり自信がない方によく用いられます。うつによる食欲不振、ストレスによる慢性的な腹痛、胃痛などに効果があります。

最後に

いかがでしょうか。これらに留まらず、他にも症状に合わせて行く通りもの漢方薬が存在しています。

一人一人にあった特別な漢方を煎じてもらい、うつ病の早期治療のために、けれど副作用を考慮した漢方薬を試してみるというのも、将来を考えた良い選択といえるでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ