抗うつ剤の副作用で強い眠気が!車を運転するなら漢方薬へ変更をするべきか?

平成25年に精神疾患患者の自動車運転に関連する制度の動きがあります。

道路交通法第66条に過労・病気・薬物の影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転を禁止しており、医師の届出制度も新設されました。

日本精神神経学会では、病名を特定して患者の自動車運転を制限し、通常人よりも重い罪を課すことを認める差別法であることやは医学的根拠がなく、特定の疾患を持つ人が一般人よりも事故を起こしやすいというデータはないことなどの意見もあがっています。

うつ病の人でも多くは車を運転している

うつ病を抱えているものは、社会復帰しながら治療をしている者が多いです。うつ病は心の風邪とは言われているが、こじらせるとなかなか治らず、治療には長い年数を要することもあります。

うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていると推測されており、それらを調整するために治療薬を使用しています。

たしかに副作用は人それぞれで、めまいや眠気が強く現れることもあります。治療薬開始時や増量時は、副作用を注意深く観察することも必要です。

現在は運転免許を所持している者が多く、通勤や通学に車で通うケースが多いです。また、仕事で営業時や送迎時に車が使用されることも多いでしょう。このままでは、患者の社会復帰にも影響をきたします。

漢方薬は眠気の副作用が少ない

比較的漢方薬は、眠気やめまいなどの副作用が少ないと言われています。

うつ病の漢方治療では、まず身体的な症状を改善し、肉体的な苦痛から解放することを目的としています。

身体的な症状が改善してくると、本来の自己調整能力・自然治癒力が自然と機能するようになり、生命力が強化されて、精神面の障害も徐々に取り除かれていくことが多くあります。

社会復帰に車の運転が必須な場合は、副作用を十分に観察し医師の許可を得ることが必要だと考えられます。場合によっては治療薬を漢方に変更することも必要でしょう。

また、道路交通法も特定の疾患に限定するのではなく、個別の病状に応じた対応が必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ