加味帰脾湯とは?うつ病に効果のある漢方薬

うつ 加味帰脾湯(かみきひとう)加味帰脾湯(かみきひとう)という言葉をご存知の方は少ないかと思います。

ですがこれ、実はうつ病に効果がある漢方の名前なのです。うつ病の人に限らず、自律神経失調症や不眠症、貧血な人に良く処方されます。

加味帰脾湯の特徴は?

加味帰脾湯を使う共通点として、体力がなくて血色が悪い。貧血気味で、動機や精神不安があって、微熱が出たり、寝汗をかいたりといった方に効果があります。胃腸が弱く、血行も不良気味という方も安心して利用できます。

他にも病後の回復時、衰弱時、疲労感が消えない際や、体力の衰え、神経症、更年期障害などにも応用されているそうですね。

簡単に加味帰脾湯に煎じられた生薬と効能を説明します。

黄耆(おうぎ)

利尿効果があり、免疫活性、抗炎症、抗アレルギー作用などがあります。

当帰(とうき)

婦人病の妙薬と言われ、血流停滞の改善、生理痛・不順など。

人参(にんじん)

万能薬とされ、胃腸衰弱、消化不良、食欲不振など。

蒼朮(そうじゅつ)

水分代謝を保ち、健胃利尿剤として大きな効果があります。

酸棗仁(さんそうにん)

催眠作用があり、不眠症、神経衰弱などに。

茯苓(ぶくりょう)

単独では用いられませんが、強心、鎮痛作用など。

甘草(かんぞう)

緩和、解毒などがあり、肝細胞膜の安定化が得られます。

生姜(しょうきょう)

優れた殺菌作用があり、血液循環の改善、食欲増進などに。

と様々な効果がありますが、これ以外にも数種の生薬が配合されています。また、市販にもこの名のものがあります。

使用者の声としても、ちょっと体がだるいという時や、やる気が出ないなどという症状が出た時に飲めばよく、「日常的に飲まないといけない」という義務感がないのは、とても気軽だそうです。そして効果があり、副作用も自覚する方が少ない。

女性の方は生理痛も軽減されたという方もいます。

漢方薬はうつ病だけでなく自律神経失調症にも有効です。(参考:投薬だけではない!自律神経失調症の様々な治療法は?

慢性的にうつ病の症状が居座り、加味帰脾湯によって効果がない時は、医者に行くことがいいと思われます。ですが、軽微のものならば抗うつ剤などに比べても安価であり、身体にも優しい加味帰脾湯がいいですね

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ