ストレスが溜まるとうつ病になる理由は体内ホルモンに関係があった

うつ病とストレスに関係があるのはよく言われていることです。しかし、どうしてストレスが溜まるとうつ病にかかってしまうのかその関係をまずは見ていきましょう。

仕事でも、家庭でも、学校でも、ストレスはどこにいても誰でも感じるものですが、そのストレスを感じてもうつ病になる人とうつ病にならない人がいます。

と言うことは、一定のストレス以上を受けるとうつ病に自動的になるわけではなく、人によってストレスに対する許容量と言うのが違うのではないでしょうか?

人によってストレスの受け止め方が違うの?

仕事でミスをしても、笑ってやり過ごせる人と落ち込んで自分を責めてしまう人。どちらがいいというわけではありませんが人によってストレスに対する受け止め方が違うのです。

人はストレスを受けると、ストレスに対応することが出来るホルモンが分泌されます。このホルモンはストレスを和らげる働きがあるものなのですが、うつになりやすい人はこの働きがうまくいかないと言われています。

ですから、ストレスに強い人なら何でもない事でもストレスに弱い人(それはその人が人として弱いとかそういう意味ではありません、あくまでもストレスと言うものに対しての抵抗力が低いというだけですのでネガティブにとらないでください。)の場合、このホルモンの分泌が長期間続かず、うつ状態に陥ってしまいます。

ですので、自然に脳が出してくれるストレスに対応したホルモンに頼るだけではなく、自分でもストレスとの付き合い方を学んでいく必要があるということです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ