なぜうつ病になると「いつも悲しい」精神状態になるのか?

うつ病には、いつも悲しいという憂鬱感から抜け出せない症状があります。

これは軽いものではなく、突如として涙を流すといった表面的にも現れるものです。

うつの状態だといつも悲しい状態に

仕事に失敗したり、失恋をしたり、大事な試験が不合格となったりすると、一般的な人でも憂鬱な状態となって塞ぎ込みがちになります。

ですが通常は、一定の期間と共に薄れていき、新たな発見によって別の道を見つけ出すことも可能です。

その点、うつ病を発症してしまった方は、この時の気分や感情を拭いきれずに、いつも悲しいという状態が起きてしまいます。心理的に受け入れ、乗り越えるということが難しいのです。

また、このような心理状態の時、通常人に相談すれば、大体は第三者からの同情や共感を得られ、精神的に安定した状態を取り戻しやすい環境を作ることが出来ます。

ですが、うつ病の方は「どうして自分がこんなに憂鬱なのか、なぜ悲しいのか」、ということが上手く説明することが難しく、他者と分かり合えずに沈んだ気持ちを共有することが出来ないままに終わってしまいます。

つまり、うつ病の方が抱く憂鬱は特殊な面があり、一般的な物差しで測ると共通理解が非常に困難であると言えます。そうして、いつも悲しいという気持ちに苛まれ続けてしまうのです。

自ら悲しい状態に?

また、いつも悲しいという状態には、知らず知らずに自ら進んでいる場合もあります。

人に自分が経験した悲しい話をする際、「暗くならないように」「相手に心配をかけないように」などと必要以上の気を使い、悲しいはずなのに笑って語ってみたり、おどけてみたりする方もいるのではないでしょうか。

実はそれ、大変危険なことの一つなのです。身体と心は密接に関わっています。それを無理に分け、顔で笑って心で泣いているようでは、徐々にですが確実にバランスが崩れていくものです。

もちろん、人間関係を円滑にするための方法の一つではあります。

ですが、自分自身の感情を正直に表現させてあげることで、その感情は解放され、新たに足を踏みだす大きなエネルギーと変化するのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ