【軽度~中度~重度のレベル別】うつに効果がある漢方薬について紹介!

現代社会においては東洋医学よりも西洋医学の方が主流で、うつ症状に対しては抗うつ剤や抗不安剤、さらには睡眠薬を使用するのが一般的です。

その効果も実証されていますが、長い期間薬を服用することで薬の効きが悪くなるケースもありますし強い薬ならそれだけ副作用もあります。

なので東洋医学で使用される漢方薬をうつ病の治療に使用することも珍しくはないのです。

軽いうつに対して使用される漢方薬

漢方の場合は、抗うつ剤や抗不安剤のように病気そのモノに合わせた漢方薬というのは存在しませんが、うつによる症状に合わせて漢方を選ぶといった使用法となります。

香蘇散不安による不眠や、やる気が出ない、食欲がないといった症状に効果が期待できます。

また酸棗仁湯睡眠薬として使用される漢方です。軽いうつの場合は不安で夜に眠れなくなったり、また不眠によって症状が悪化するケースが少なくないので酸棗仁湯を処方する場合が多いと言えます。

中度のうつに対して使用される漢方薬

中度のうつの場合に使用する漢方薬としては柴胡加竜骨牡蠣湯があり、これは不安や不眠や便秘などに効果があるとされていて竜骨、牡蠣、柴胡、大黄といった生薬が配合されています。

さらに半夏厚朴湯というのはうつ、ヒステリーの人に勧めることが多い漢方で精神症状が安定したり吐き気といった身体症状が出ている場合はその改善が期待出来ます。

また加味帰脾湯疲労やイライラに対して用いる漢方薬で体力をアップする効果と精神安定に役立つと言われています。

重度のうつに対して使用される漢方薬

うつに対して使用される漢方も病気の進行に合わせて選ぶ必要があり、またうつの度合いを見分けるのは専門家でも難しいと言えます。

なので自分で勝手に判断するのではなく、きちんと処方してもらいその量を守る必要があると言えます。甘麦大棗湯疲れと精神的な不安に対して効果が期待でき、分心気飲はうつによる食欲不振の改善の為に合わせて処方されるケースが多いと言えます。

さらにうつで体力や気直が低下してしまった場合には、十全大補湯補中益気湯といった漢方薬を併用する場合があります。

また少し症状が改善されたら漢方薬を飲むのを止めてしまう人がいますが、飲むのを止めるとまたうつが進行してしまうケースがあるので、止める時も専門家による指示に従うようにしてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ