快眠もうつ病を治すひとつの方法です

快眠疲れていたり、ストレスが溜まっていたりしたら、よく寝ることがベストですよね。特に精神が疲れている時は、身体が疲れているのと同じように、ゆっくり寝ることがとても大切です。

しかし、眠ろうとしても、気分が落ち込んでいて、それだけで眠ることができなかったします。

また、「すべてのことにため息がでたり」「とても疲れやすく何をやってもおもしろくない」といった症状があれば、身体の疲れだけでなく、うつ病の可能性もありますからちょっと注意をして自分をいたわってあげることが大切です。

眠れないことで落ち込む必要はない

うつ病を患ってしまったら、よく夜中に眠れなくなって、そのまま起き上がり、またあれやこれや考えて落ち込んでしまったりすることも多くなるとおもいます。うつ病には十分な睡眠とリラックスをすることで、回復が早まることは確かなのです。しかし、眠れないことでさらにまた落ち込む必要はありません。

眠れなかったらどうすればいいの?

眠れなかったら、夜中にやっているテレビや映画を見るのもいいでしょう。しかし、軽い内容がよいですよ。映画なテレビの番組の内容があまりにも重過ぎるとかえってそれもうつ病によくありません。

また、部屋の中で出来る軽いエクササイズで身体を疲れさせることもいいでしょう。

今ネットでも、さまざまな快眠グッズがあります。ちょっと楽しみで快眠グッズのショッピングサイトをチェックしてみるのもいいでしょう。

軽いうつ病でも回復には休養が必要

軽いうつ病なら、それほど悩みことはありません。回復可能な病気ですから、あまりクヨクヨせずに、今は回復に向けて気軽に試してみるのもいいです。

何はともあれ、回復には、家族のサポートと十分な休養を要することが大きなポイントとなります。もし、それで仕事を失っても、また復職すればいいのです。

平均にしますと、回復には最短で3ヶ月、長くても1年くらいで復帰できます。通院や薬の服用を1年くらいし続ける場合もありますが、長年に渡って休養をするわけでありませんから、安心してその間休養されていればいいのです。

その間は、十分な睡眠、つまり快眠をして、バランスの良い食生活、そして適度なエクササイズを試みることで、治療期間もより短くなるかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ