気分変調症の症状とはどんなものなのか?人により症状は様々ある!

気分変調症とは、うつ病によく似ている病気です。うつ病と比べると軽い症状なのですが、その症状が長い期間続くので患者さん本人はとても辛い事です。

症状が軽いので気づかずに、治療を始めるのが遅くなり重症化してしまう事も多いのが現状にあります。また、うつ病の治療をしていたが気分変調症だったという事もあります。

そんな気分変調症の症状とは、いったいどんなものがあるのでしょうか?今回は気分変調症の症状について調べました。

気分変調症とはどんな病気?気分が晴れない日が続く!

なんとなくすっきりしない日が、朝から晩まで続く事が長く続く病気になります。症状は色々とありますが、うつ病に比べると軽い症状になります。うつ病に比べると軽い症状といっても、長く続く事で患者さんにとっては辛いものがあります。

気分変調症とは、WHOでの病名になります。アメリカの精神医学会では、気分変調性障害と呼ばれています。以前日本では、抑うつ神経症と言われていた時もありました。

どんな症状があるの?

気分変調症の症状は、人により様々で色々とあります。男性よりも女性に多く見られます。気づかずに放置する事で重症化させる事もあります。

    <気分変調所でよく見られる症状とは>

  • 抑うつ状態
  • 睡眠障害が続く状態
  • 拒食や過食の症状
  • 自尊心の低下や絶望感の状態
  • 集中する事が出来ない状態

キチンと対応すれば改善?症状を知る事が大事!

気分が晴れない症状で、うつ病より軽いという症状が2年以上続く気分変調症の症状ですが病気と考える患者さんが少なくて深刻にはとらえていない事が多いのが現状にあります。

その為に、治療が遅れて重症化してから病院へ行くケースも多くあります。きちんと、早めに治療をすれば改善効果が期待できます。その為にも、症状を知る事が大きな1歩です。

抑うつ状態の症状とは?

気持ちが落ち込んで、何もする気になれない状態になります。うつ病と比べると軽い症状になります。時には、良い状態の日がある事もありますが2年以上続きます。

睡眠障害の状態とは?

寝床に入っても、なかなか寝つく事が出来ない状態が朝まで続く事もあります。その為に、昼間は眠くて考え事も出来ない状態が多いです。

拒食や過食の症状とは?

抑うつ状態から食欲が無くなるケースもありますし、逆に気分をそらす為に過食になるケースがあります。どちらも、過食症や拒食症になる可能性があるので注意が必要です。

自尊心の低下や絶望感?

気分変調症では、マイナスに考えやすくなるので自尊心も低下しますし将来への希望も持てなくなり、この世から消えたい等と考える事もあります。

集中出来ないとは何?

気力が低くなっている状態にあるので、何かを考えたり集中する事が困難になります。仕事に集中できなくて、ミスが増えてしまう事もあります。

色々な症状があっても治療できる?症状に合わせて!

気分変調症の治療は、薬物治療での効果の結果はあまり出来なかったのですが最近では薬も改善されて薬の高い使用効果が出ています。

その為に薬物療法を基にして、精神療法を合わせて行なっています。薬を使い、不安感など軽くして精神療法を併行して行う事で治療の効果が高まります。どの薬も、長所や短所があるので医師の正しい判断の下行なわれます。

治療で大切な事とは?

患者さんが自分の気持ちを理解されたと、感じる事ができるようにしてあげる事と医師と患者さんの間の絆を築くという事が治療の為には大きなポイントになります。

軽い症状と軽視は危険?症状が他の精神疾患を誘う!

うつ病よりも軽い症状とは言っても、長く続く症状は辛いものです。しかし、患者さんの多くがこれは私の性格のせいと考えてしまうケースが多いのです。

その為に、少しずつストレスも重なりますしストレスに耐える力が低下してしまいます。その結果、不安を感じやすくなる事に繋がります。

軽症といえども、不安定な精神状態が長く続く事が特徴の気分変調症は他の色々な精神疾患を併発しやすいという注意が必要な病気と言えます。

他の精神疾患とは何?

不安な生活が続く事で、パニック障害などの不安障害を併発するケースもあります。また、自尊心も低下するのでパーソナリティー障害へ繋がるケースもあります。

もしかしたら?そんな時は直ぐに病院で相談する事!

今までの事を参考に考えてみた時に、もしかしたら自分は気分変調症かもしれないと感じた方もいるでしょう。そんな時には迷わず、病院へ行き相談しましょう。

現代社会は、気分変調症の原因にもなるストレスが多い環境です。そして、気分変調症は特別な人ではなくだれでも罹りやすい病気なのです。重症化する前に、早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

病院に抵抗がある時は?

もしかしたらと気がついても、精神科や心療内科に行く事に抵抗がある人も多いですよね。そんな時には、保健所や保健福祉センターでも相談の窓口がありますので利用して下さい。

まとめ

今回は、うつ病とよく似ている気分変調症の症状についてどのようなものがあるのか治療方法はどの様なものがあるのか等を調べました。

気分変調症は、WHOでの病名でアメリカの精神医学会では、気分変調性障害と呼ばれてます。日本では、抑うつ神経症と言われた時もありました。

気分変調症の症状は、人により様々で色々とあります。男性よりも女性に多く見られ気づかずに放置する事で重症化させる事もあります。

気分変調症の治療は、薬物治療での効果の結果はあまり出来なかったのですが最近は薬の高い使用効果が出て精神療法と合わせて行ないます。不安定な精神状態が長く続く特徴の気分変調症は、他の精神疾患を併発しやすい注意が必要な病気です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ