自律神経失調症と動悸の関係は?とても密接な関係!

動悸とは仕事や結婚式などで大勢の前で話しをしたり歌を歌うような状況になったり、身近な事で言えば好きな人と急に二人きりになってしまったりした時などに胸がドキドキとなってしまう事があると思います。大概は緊張を伴い気持ち自体が不安であったり、ストレスを感じるような状態である事が殆どなのです。

自律神経失調症の症状の1つにも動悸と言うものがありますが、何がどう違うのか判断するのは非常に難しいですよね。そして緊張やストレスを感じていない時にも動悸が起きるようだと別の病気の可能性を捨てられません。

動悸とはそもそもどうして起きるのか、その原因となるものはどのようなものなのか、何を気をつけ、なった場合にはどうするべきかなどを調査して見ましたので参考にしてみて下さい。

動悸とはなんですか?心臓のドキドキを感じる事です

動悸とはどのような状態を指すのかと言うと、自分の心臓がドキドキとして鼓動が感じられる状態を言います。他人からはみてもわかりにくく基本的に自覚症状として現れる症状の1つとなります。心臓がドキドキと感じられはしますが必ずしも心拍数が上がっている状態だけでは無く脈拍が逆に少ない状態の時にもなる場合があります。

動悸が起きるメカニズムは?自律神経と関係があります

動悸が起きるメカニズムは自律神経の働きと大きく関係があります。そのメカニズムを詳しく解説していきます。

自律神経と動悸の関係は?

動悸が起きるのは自律神経の1つである交感神経の働きが優位な状態になると筋肉が固くなりやすくなります。これが緊張やストレスを受けた時の状態です。その時に固くなった筋肉の中にある血管に状態がどのようになっているかと言うと筋肉により締め付けられるので細い状態になってしまうのです。

血管が細くなった状態が何を引き起こすかと言うと血液が流れにくくなるのは想像出来ると思いますが、その為心臓が一生懸命血液を送り出そうとするのでその結果胸がドキドキとして動悸を感じる事になるのです。

自律神経失調症と動悸の関係は?非常に密接な関係にあります

自律神経失調症の場合も?

動悸を感じる時は主に緊張やストレスをともなう場合が多いのですが、思い当たるような事がなかったり、病院で検査などをしても原因がわからない時などがあります。そのような時に考えられるのが自律神経失調症に起因している場合が考えられます。

自律神経失調症の動悸の症状は?

自律神経失調症になると緊張やストレスを伴わないような普通にただ座っていたり、べッドで休んでいるだけでも動悸が起きる事があります。そしてさらに自律神経の乱れが原因だと体が火照り汗がダラダラと出るケースもあります。

動悸の原因は?怖い原因もあるので注意が必要

動悸の原因は実は色々な理由によりなるのです。交感神経の働きによりなるものや血圧の変化、薬の副作用などからなるケース、さらに怖いのは病気を伴うものなどです。

心配いらない動悸とは?

よくあるのが緊張したりストレスを感じたりしている時や恥ずかしい思いをした時など、また過剰な興奮状態の時などに動悸は起こりやすくなります。その時の原因はその環境から交感神経の働きが高まる事から動悸が起きやすくなります。これは正常なことで特に心配はいりません。

血圧変化によるもの

動悸は血圧を変化させる作用があるものを摂取するとなりやすくなります。その代表的なものとしてはカフェインやアルコール、そしてタバコなどに多く含まれるニコチンなどが挙げられ、これらを摂取する時には取りすぎにならないよう注意が必要です。

薬による副作用

薬による副作用で動悸の症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。主にその原因になると考えられる薬は低血圧や狭心症の治療の為に服用する血管を拡張する為の薬や腸の働きなどを抑制する為に副交感神経の働きを弱める効果のある薬などが動悸を引き起こす事がよくあります。

また、低血糖の状態も動悸を引き起こしやすくなる為、糖尿病の治療の為に投与しているインスリンも過剰投与しないように気をつける必要があります。

心配な動悸とは?

動悸を伴うもので心配なものは次のようなものがあります。主に心臓に関する病気や甲状腺疾患などによるもの、精神的なものなどが考えらます。

  • 不整脈
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 低血糖症
  • バセドウ病
  • 貧血
  • 更年期障害
  • 精神疾患

動悸が起きた時の対処方法は?慌てず安静にする事です

動悸が起きてしまった時はまず大事な事は慌てない事です。体を安静にして休める体制を整え一時的なもので治るかどうか様子を見るようにして下さい。できれば深い深呼吸などをする事で収まる場合もあるので試して見て下さい。

覚えておくべき対処方法は?

動悸が’起きた時は殆どが自律神経の乱れによるものなので覚えておくべき対処方法を整理しておきましたので参考にして下さい。

  • 体を安静な体制にして自律神経の乱れを落ち着かせる
  • 自分なりの心をリラックスさせる方法を行う
  • 腹式呼吸で横隔膜を動かし副交感神経が働きやすくする

痛みを伴う場合は?

動悸が起きた時に痛みを伴ったり、呼吸困難を感じるような場合は、躊躇せず病院に行くようにして下さい。心臓疾患などの可能性もあり緊急を要する場合もあるので注意して下さい。特に安静にしていても動悸が治らない場合は心臓、または内分泌ホルモンなどの問題があるケースも考えられます。

まとめ

動悸と自律神経の関係は非常に密接なもので自律神経の働きのバランスが崩れる事によって起きやすくなります。通常はしばらくじっとして安静にしていれば良くなることが殆どなので心配は要りませんが、これを改善する為には自律神経失調症そのものの根本的な治療が必要となります。

自律神経失調症の治療については、その大元となるストレスの原因そのものを取り除いて行く必要がある為非常に時間のかかる治療となります。その為この動悸とはしばらく付き合いながら上手に抑えて行く必要があるのです。また、その他の原因、特に心臓疾患に伴う動悸も無いとは言い切れ無いので自分の動悸の症状が何に該当するのか判別出来るよう日頃から知識を得ておく事が必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ