子供でも適応障害になるのか?大人の6つの役割を果し子供を守ろう!

ストレスを発端に発症する「適応障害」は、大人だけの疾患ではなく子供たちも、適応障害を発症する可能性があります。また、子供ならではの症状や行動があり、適応障害を放置した結果、不登校や退行症状などが現れています。

アメリカ精神医学会が定めるDSM-IV-TRによる適応障害の6つの分類のうち、5番目の「行為の障害と情緒の障害の両方を併せ持つタイプ」は、主に子供の適応障害に多くみられています。

子供の適応障害は、大人とどのような違いがあり、子供特有の問題とは何かについて説明します。

大人との違いは対処能力?大人の気付きが重要!

適応障害の特徴の一つのストレスとなる状況や出来事がはっきりしていることは、子供の場合でも変わりません。

子供は対処能力が未熟!

大人との大きな違いは、大人の場合は、自分のストレスの原因をある程度明確に捉え、周囲への相談などでストレス要因の排除等の対処行動を取りやすいのに対して、子供の場合では、自分のストレスに対して対応できない、または自分で上手く表現して伝えることができない点が挙げられます。

限定されるストレス要因!

子供の場合、ストレス要因となるものが「家庭」、「学校」、「習い事」に限定されることが多く、周囲の大人が早い段階で気付く可能性が高い点も子供の適応障害の特徴です。

大人は自分で病院に行くなど対処する能力がありますが、子供だとこの発想がなく、また問題解決能力が充分に育っていないため、大人同様の対処能力を子供に求められません。そのため、周囲の大人たちの気付きが重要となっています。

発達障害との関係性とは?いじめ対策は大人の責務!

適応障害とよく間違われるものに発達障害があります。二つは全くの別の精神疾患ですが、子供の適応障害の場合、発達障害が背後に隠れていることもあります。

発達障害がストレス要因に!

発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害など)があると、成績や友人関係に支障が現れやすく、そうした状況が続くことは子供にとって大きなストレスとなってしましいます。このストレスが、適応障害の引き起こすきっかけとなることがあります。

病気への誤解がいじめを生む!

適応障害や発達障害を抱えていると、学孤校生活になかなか馴染めず孤立化し、悪化すると「変わり者扱い」をされてしまい、いじめに発展する恐れがあります。

いじめは、最悪自殺に至ることもある深刻な問題であり、子供の適応障害など精神疾患の早期発見と早期対処は、周囲の大人の責務となっています。

子供特有の難しさとは?ストレスからの離脱を!

周囲の大人の配慮が必要な子供の適応障害ですが、子供特有の性質がそれを難しくしています。

困難を生む原因とは?

社会性の発達が未熟な子供は、自分の考えを全て言葉に直せるわけではないため、「言葉に出せない」ことがストレス要因の排除を妨害しています。

また、思春期になると、更に子供は親には相談しにくくなり、ストレス要因をある程度特定できても、ストレス要因を排除するまで進めなくしています。

そのため、子供の適応障害は大人以上に対処を困難とし、問題を更に大きくする原因となっています。

気付いたら速やかな対処を!

子供の適応障害は、周囲の大人たちが子供の体調や行動の変化に注意を払い、問題に気付いたら速やかに対処する必要があります。一番必要なことは、しばらくストレス要因から離脱し休養することです。

「学校を休ませる」ことや「病院に連れて行く」ことに抵抗を感じるかもしれませんが、躊躇し対処を怠ると自殺や犯罪など取り返しのつかない事態に陥る恐れがあります。

「子供の命を守り、良き人生に導く」のは、大人の責任であることを忘れてはいけません。

子供を守れるのは親だけ!親と家庭の役割とは?

子供のストレス要因は、学校での学業や人間関係であることが多いため、親と家庭の役割が重要となります。

焦らずゆっくりと支えて!

適応障害のストレス要因が親による虐待など家庭にない限り、子供を守れるのは親だけです。適応障害は克服できる疾患ですので、焦らず適切な対応でゆっくり時間をかけて続けることが大切です。また、適応障害を発症したことに過剰な責任を感じる必要はなく、過去は過去として、今後どのように支えていくかが重要です。

家を子供の避難場所に!

親の対応として、まず大人からみれば大げさなことではなくても、子供にとっては強いストレスになり得ることを理解し、家庭内をゆっくりくつろげる居心地の良い環境で、子供の避難場所となるようにすることから始めます。

親に必要な対応や家庭の役割は、以下の6つの項目が大切です。

    <親と家庭の役割>

  • 「ただ怠けているだけ」と思わず、まずは病院へ行って診断してもらう
  • ストレス要因から離れることを優先し、不登校でも悩まない
  • 子供を責めずに自己肯定感を高めてあげる
  • 根気よく待ちの姿勢で、子供の意見を尊重する
  • 「あなたが居てくれることが大事なんだ」と本人に価値があることを伝え、ストレス耐性を高める
  • 家庭を子供の避難基地となるよう環境作りする

子供にとって最悪な状況とは?高校卒業まで耐えよう!

子供の避難場所となるべき親や家庭ですが、意図せず子供のストレスの原因となってしまうこともあります。

親が原因だと逃げ場がない!

人によっては、親の理想の子供像を作り上げ、その通りになるように躾を厳しくしてしまうことや、自分の意に反することをした場合に激しく叱咤するなど、親から与えられるプレッシャーが原因で適応障害になってしまう子供も存在しています。

子供の場合、ストレス要因となっている家庭から離れることや、自力で医療機関を受診することは困難であり、子供にとって非常に辛い状態となってしまいます。

明るい未来を心の支えに!

時間はかかりますが、まずは高校を卒業するまでは親に面倒を見てもらい、その先で親がすぐに来られないような場所へ進学や就職すれば、親と同居している時よりも症状は軽くなります。それまでは辛い生活に耐える必要はありますが、その先には明るい未来が待っていることを心の支えにしましょう。

まとめ

子供たちの人間関係は、大人が思っているより複雑です。また、親や教師の期待に応えようと競わされることもストレスとなり得るため、大人が無自覚にストレス環境を作りだしている可能性すらあります。適応障害の治療には、ストレス要因を取り除くことが一番ですので、その環境を作るのは大人の役割であり、子供自身にはできません。また、子供の自己肯定感を高めて失った自信を回復させ、ストレス耐性を身に着けさせるのも大人の責務です。

適応障害は、我慢強く責任感を持った真面目なタイプに多くみられています。まずは、大人からおおらかに肩の力を抜いて、子供たちを見守っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ