解離性障害の治療!多重人格にはフォーカシングが有効である

解離性障害のなかでも、解離性同一性障害は、いわゆる多重人格と呼ばれる病気です。1人の中に2つ以上の人格が存在するという疾患です。

今回は、解離性障害の中でも、特に解離性同一性障害の治療について説明していきたいと思います。

解離性同一性障害の治療について

解離性同一性障害の治療については、近年では、個人の中にある複数の人格をひとつに統合しようとすることはあまり重視されません。

個人の中にある複数の人格同士がお互いに協力しあって日常生活を送れるように、複数の人格の記憶や体験を、統合し共有することが大切であるとされています。そのため、解離性同一性障害の治療には、フォーカシングが用いられます。

有効な治療であるフォーカシングについて

解離性同一性障害の治療には、フォーカシングが有効であるとされています。フォーカシングとは、身体感覚として経験される感情の流れに着目して、自らの中に流れるように存在する感情をカウンセラーに伝えます。

カウンセラーは患者さんの感情体験を傾聴し、患者さんの感情表現を伝え返したり、感情体験を身体で実感するように促すなどの働きかけを行います。

フォーカシングにおけるリフレクションについて

フォーカシングにおいて、カウンセラーが使用する技法として、リフレクションというものがあります。

リフレクションとは、患者さんの感情表現を、できるだけ他の言葉に変えずにそのまま伝え返すことをいいます。たとえば、患者さんが「最近気持ちがもやもやして」と表現した場合は、カウンセラーは「不安なんですね」「はっきりしないのですね」などと言いかえることなく、「もやもやしているのですね」と漠然とした感覚そのものを、伝え返すのです。

リフレクションを通し、感情さんは感情体験を統合していくことができます。

まとめ

解離性同一性障害の治療は、患者さんのばらばらになった感情体験を統合する治療法であるフォーカシングが有効です。

他にも、最近では、眼球運動をしながら、過去のトラウマ体験を想起するというEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)も有効であるとあるとされ、研究が進められています。

解離性同一性障害の治療においては、薬物療法は、補助的に用いられることが多いです。フォーカシングもEMDRも適切な専門家の指導のもとに受けることができるため、解離性同一性障害を発症した場合は、医療機関で治療を受けることが望ましいとされています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ