引きこもりと無気力の違いはどんなこと?実は非常に深い関係!

引きこもりになると無気力になると感じているのですが、それはどのような関係性にあるのか気になります。引きこもりになってしまうと無気力になりやすいのにはその人の性格や傾向があり、原因も様々あるのでそれについて調べてみました。

引きこもりになってしまった時に無気力になってしまう原因とそれに対する対策を知って行くことで少しでも早い回復が図れるはずです。

引きこもりの定義?6ヶ月以上家にこもる

引きこもりとは最近よく耳にする言葉ではありますが、どのような状態を指すのでしょうか?

引きこもりの定義は?

引きこもりの定義は厚生労働省によると「様々な要因の結果として社会的参加を回避し、原則的には6ヶ月以上に渡って概ね家庭に留まり続けている状態を指す現象概念。」とされています。

また諸外国でも同様の症状を持つ人は見られ国によっては「安心できる場所に退避する状態」と定義されている場合もあります。

引きこもりが無気力になるのは?心に葛藤です

引きこもりになるという事と無気力ということは似て非なるものではありますが、非常に関連性はある症状なのです。

引きこもりの頭の中は?

引きこもりになるまでには色々な理由があり最終的にその手段を選んでしまうのですが、そこに至ったあとは色々な心の葛藤を抱えエネルギーを消耗して行くことになり無気力となっていってしまうのです。

無気力とは?非常に厄介です

無気力とは、やらなければならないことは頭ではわかっているのにどうしてもやる気力ができない、そして行動ができないといった状態なのです。大きく分けると二つのタイプがあるのです。

性格的な無気力?

無気力の中でも性格的に小さな時から無気力な人がいます。この場合はそもそもやる気がなく引きこもりで見られる無気力とはタイプが違うのです。

引きこもりでなる無気力とは?

引きこもりによってなってしまう無気力の場合は、元々は一生懸命で頑張っていた人なのに何かをキッカケに無気力になってしまうのです。

無気力になってしまうと

やらなければいけないという事はわかっているに頑張れない自分を非常に情けなく感じ、自責の念が募っていってしまいます。また、周りからは怠けているように見えてしまうため誤解や非難を受けやすくなってしまうのです。

無気力になってしまいやすい?こんなタイプは注意

無気力になってしまいやすいタイプは、いくつかの種類があります。それについて見て行きましょう。

大人になりきれない?

無気力になってしまう傾向に主体性を持って生きて行くことができない、いわゆる主体性を持つことが出来ずに大人になってしまった人が多く見られます。このような人は敷かれたレールの上を歩く事は得意ですが、自由に歩く事を求められた途端目標を見失い動けなくなり無気力となっていってしまうのです。

人との比較に敏感?

人と比べられることに対して敏感な人も無気力になりやすいのです。自分ではできていると思っているのに比べられた結果他人よりも劣っていると感じてしまい頑張る気持ちになれず無気力になっていってしまうのです。

完璧主義?

完璧主義の人も完璧であり続けたい意識が強すぎて些細なミスでも自分を許せなく激しく落ち込み無気力状態となってしまいやすいのです。

無気力を克服するには?原因によって対策が変わる

無気力になってしまうには色々と原因がありますが、それに基づき克服方法を考えていくことが必要なのです。

    <無気力となる原因>

  • 頑張り過ぎた反動による疲労
  • 生活リズムの乱れ
  • スケジュールが無くなる
  • 叶わない希望のダメージ

疲労が限界?

頑張り続けてその頑張りが限界をこえてしまったことが要因で無気力となってしまった人の場合は、肉体的にも精神的にも休養を取ること以外には回復させる方法はありません。適度に体は動かす必要はありますが、一定期間しっかりと休養に専念することが必要なのです。

生活リズム?

昼夜逆転の生活の結果、無気力をなってしまった場合は何はともあれ生活リズムを見直さない限りは無気力の改善はありません。朝は辛くてもおきて、夜になったら眠る。そして規則正しく3食食事をとって必ず太陽を浴びるという基本的な生活リズムを取り戻すことが大事です。

スケジュールを決める

今までスケジュールに沿って生きてきた人が急にスケジュールがなくなると何をしていいか分からなくなり無気力となってしまいます。そのような場合の回復策はメリハリのあるスケジュールを決めて生活をする事なのです。

希望を弱める?

希望があるから人は頑張り、生き生きとする事ができる反面希望があるからこそ叶わなかった時に強くダメージを受け失望感とともに無気力になってしまうのです。叶わなかった出来事にいかに結果を求めすぎず意味付けをできるかによって無気力にならないようにする事ができるのです。

まとめ

引きこもりとはある事をきっかけに社会から断絶し6ヶ月以上に渡って自宅もしくは自分の部屋にこもってしまう状況をいい、無気力はやらなければ行けないことはわかっているけれどやる気力や行動ができない状態の事を指すのです。この二つは元々は違うことではあるのですが、非常に関連性があり共に厄介な状況をもたらす症状でもあるのです。

どちらも性格的なものや物の捉え方に起因する事が多く、特に真面目で几帳面、そして物事に対して一生懸命取り組み過ぎてしまう人に多く見られます。よって事前に自分が引きこもりや無気力になりやすい傾向にあるかどうかを理解しておくことが一番の予防になると思います。

しかし注意していてもなる時はなってしまうのでその時は無理をせずしっかり休養して生活リズムを改善して頭に考えるエネルギーを蓄積してあげることが大事なことなのです。なってしまうと一生このままなのではと思ってしまいますが必ず回復への道がありますので諦めず取り組みをしていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ