不安障害に種類はあるの?大きく分けると7通りあります!

不安障害と言うと心の病気という感じがします。心の病気の中にもうつ病などいくつかの種類があります。その中で不安障害は日本国内だけでも1000万人以上存在している病気なのです。

心の病気の種類は全部でいくつかの種類に区分されていてその1つが不安障害となっています。また不安障害についても更に症状や原因などによって更に細く種類が分類されているのです。その種類について細かく見ていきましょう。

不安障害とは?不安がいつまでも続きます

不安障害とは心の病気で大きくは7通りに分けられているのです。

不安障害の症状は?

不安障害の症状は、はっきりとした理由が無いのに気分が不安になったり、もしも理由があったとしてもそこまで不安になるか?というほど不釣り合いに強い不安が起こってしまい、ある一定期間続く症状となります。

不安障害の種類は?内容によって分類されています

不安障害はその内容などによって細く分類されています。主な種類は次の通りとなります。

不安障害の種類とは?

不安障害の種類は次の通り分類されています。

    <不安障害の種類>

  • 全般性不安障害
  • 社交不安障害(SAD)・恐怖症(対人恐怖症・特定の恐怖症)
  • 広場恐怖症
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • ストレス障害(急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害、適応障害

全般性不安障害とは?慢性的に不安状態が続きます

全般性不安障害とは理由が明確では無いのですが不安な状態が長期間続き、心身共に病状が現れます。特徴としては慢性的に長く続く傾向があります。

恐怖症とは?何かに異常な恐怖を見せます

恐怖症とは何かに対して異常なまでに恐怖を見せる症状となります。恐怖症は大きく区分すると社交不安障害、対人恐怖症と特定の恐怖症に分類出来るのです。

社交不安障害(SAD)、対人恐怖症とは?

特定の社会的状況や社交の場面での対人関係において恐怖症が生じ、人との付き合いに問題が出てしまう症状です。特徴としては他者が必ず関わっている事なのです。

対人恐怖症の種類は?

社交不安障害、対人恐怖症の中にもいくつかの種類があります。その代表的なものが視線恐怖症、あがり症、赤面恐怖症、醜形恐怖症、電話恐怖症、自臭症、男性恐怖症、女性恐怖症などがあるのです。

特定の恐怖症の種類は?

特定の恐怖症にもやはり種類があり、代表的なものとしては、高所恐怖症、尖端恐怖症、虫恐怖症、飛行機恐怖症などが認識されています。

広場恐怖症とは?逃げられない状況に恐怖を感じます

広場恐怖症とはすぐに逃げられないような場所や状況に追い込まれる事に異常なまでに恐怖を感じ不安になってしまう症状です。

パニック障害とは?発作を繰り返す事に不安を覚えます

パニック障害とは激しい動悸や震え、息苦しさやめまいなどの身体の異常に対して非常に強い不安を感じる事で、この症状に対する発作がパニック発作と呼ばれ、このパニック発作が繰り返される事から強い不安感や恐怖というものが予期不安として生まれパニック障害となってしまうのです。

強迫性障害とは?強迫観念と強迫行為を繰り返します

不合理な事と理解していても不安が頭から離れなく不安や恐怖から強迫観念と強迫行為という同じ行動を繰り返し行ってしまいます。いわゆるわかってはいるけどやめられない状態となってしまうのです。

強迫観念とは?

強迫観念とは何かに対して不安が嫌な言葉やイメージとして頭に浮かぶ思考の事でしつこく繰り返して思い浮かび頭から離れない事を示します。

強迫行為とは?

強迫行為とは不安になった事に対しその強迫観念を打ち消すために確認をする行為の事を示します。この行為が強迫障害となると何度でも確認しなくてはならないと思い込んでしまうのです。

ストレス障害とは?トラウマによる不安障害です

ストレス障害は類別すると急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害、適応障害の3つにわけられます。

急性ストレス障害とは?

急性ストレス障害はトラウマなどを経験しその事に悩まされたりする事で不眠や不安などが現れます。特徴としては数日から4週間以内に自然治癒する一過性のストレス障害です。

心的外傷後ストレス障害とは?

命を脅かされるようなトラウマによって強い精神的衝撃を受ける事で不安や緊張状態が長期間に渡って続く症状となります。

適応障害とは?

適応障害は日常生活や社会生活において障害が起きて生活に不具合が生じるストレス障害です。精神面から見ると不安や抑うつ、集中力の低下、身体症状としては倦怠感、動悸、緊張、怒り、不眠、食欲不振などが起こります。

まとめ

不安障害といってもその種類は発生原因や症状の出方などによって分類されているのです。不安障害の種類として大きくは7通り、そして16分類されます。それぞれの症状が発症する原因によって全般性不安障害、社交不安障害(SAD)・恐怖症(対人恐怖症・特定の恐怖症)、広場恐怖症、パニック障害、強迫性障害、ストレス障害(急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害、適応障害に分けられています。

しかし発症する時は1つの種類だけを発症する事は稀で複合的に症状として出る事が殆どなるので自分勝手な判断は絶対にせずに専門医の元できちんと診断をしてもらう事が重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ