強迫性障害の症状、治療について!症状は心理学的治療により完治する

強迫性障害とは、適切な範囲を超えた没頭や習慣を特徴とする疾患のことを言います。

代表的なものとして、汚染について執着してしまい、手を何回も洗ってしまう不潔恐怖、戸締りを何回も確認してしまう確認強迫などがその例として挙げられます。

以下に、強迫性障害の症状、治療法と心理学的理論による解釈について述べていきたいです。

強迫性障害とは。日常生活に支障をきたすこだわりが見られる

強迫性障害とは、合理的でない観念や思考、つまり強迫観念といわれるものへのとらわれや、一般的には馬鹿げていると思われるような行為、つまり強迫行為を繰り返すことにより、日常生活に支障をきたすことをいいます。

本人は、そのような強迫観念や強迫行為を、不合理だと分かっていますが、やめることができません。そのため、不合理な行動のために何時間と時間を浪費し、精神的に疲れはててしまいます。

強迫性障害の治療には主に薬物療法が有効で、抗うつ剤のSSRIなどが用いられます。

強迫性障害について、学習理論から読み解く

学習理論では、強迫性障害の症状は、誤った認知と誤った行動が結びついて、誤った認知である強迫的観念を排除するために、不安や恐怖を打ち消す強迫行為が出現していると考えます。

そのため、治療法としては行動療法が用いられ、誤った認知と誤った行動の結びつきを解くような治療方法が適用されます。主に、医者やカウンセラーの指導のもと行われます。

強迫性障害について、精神分析的理論から読み解く

精神分析的理論からは、強迫性障害の症状は自身の親に対して向けられている不安や攻撃性が、症状として別なものとして不安や恐怖などとして置き換えられている、と考えます。

強迫観念によって生じる不安や恐怖は、過去の心的外傷によるものであり、その不安や恐怖の原因について洞察を得ることで症状を取り除きます。主に、精神分析を用いて治療されます。

まとめ

強迫性障害は、その症状が多様であり、うつ病や統合失調症、自閉症などの病気を発症している患者さんにもしばしば見られることがあり、症状の経過や合併症状を考慮して診断されます。

診断には、医学的知識が必要で、医療機関を受診する必要がある病気です。その治療法としては、行動療法や精神分析だけではなく、近年台頭してきた認知行動療法や、抗うつ剤やSSRIを用いた薬物療法が有効であるとされ、医療機関において、医者やカウンセラーの指導、支援によって完治しうる病気です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ