全般性不安障害とは?症状や原因、予防策まで解説!

全般性不安障害とは、あらゆるものに対して過敏になってしまう精神疾患の1つです。全般性不安障害を発症することで、仕事をすることが難しくなったり、外出が容易でなくなったりするなど、日常生活に支障がでてしまうケースもあります。

そこで大切なのが、症状や原因、予防策をしっかりと把握することです。そこで、全般性不安障害とはどのような病気なのかといったことはもちろん、症状や原因、治療、予防策についてまとめました。

全般性不安障害とは?「過剰」になってしまったら要注意!

全般性不安障害とは?

全般性不安障害は、別名「全般不安症」と言います。他の不安障害と違い、全般性不安障害では、具体的な恐怖の対象があるというよりも、あらゆる出来事や活動に対して、長期にわたって過剰に不安を覚えます。

日本ではあまり聞きなれない病名かもしれませんが、米国では生涯有病率が5.1パーセントであると言われ、比較的よく見られる精神障害の一種と認識されています。

患者は年々増え続けている!

また、日本でも年々、全般性不安障害の患者は増え続けています。患者数が増加している原因としては、現代社会特有の長時間の労働などによるストレスも一因となっていると推測されています。

患者はどんな人が多い?

全般性不安障害は、男性よりも比較的女性に多く見られ、女性の患者数は男性の1.5倍から2倍であるというデータも存在しています。また、若年層に多く、10代でも発症するケースが確認されています。

全般性不安障害とうつ病の関係

全般性不安障害とうつ病は、同じ精神疾患というカテゴリーにはなりますが、全く違う病気です。気分の落ち込みなど精神的な症状が多くみられるうつ病と比べ、全般性不安障害は主に身体症状が多く見られます。

しかし、全般性不安障害を患っているうちにうつ病を発症したり、全般性不安障害でありながらうつ病も併発したりすることもあります。実際に、既にうつ病でありながら全般性不安障害を発症した人と、全般性不安障害の後にうつ病を発症した人を合わせると、全般性不安障害の患者の総数のうちの6割にあたるというデータもあります。

全般性不安障害の症状はどういうもの?主な症状は7つ!

全般性不安障害の症状には、主に下記のようなものがあげられます。

    <全般性不安障害の症状>

  • 将来への不安(予期不安)
  • 落ち着きがない
  • 物事に過敏になる
  • 疲れやすい
  • 集中力がない
  • 眠れない
  • 緊張しやすい

他にも肩こりや胃痛、吐き気などの身体症状を訴えるケースもあり、比較的身体的な症状をあげる患者が多いことが特徴です。よって、最初に内科で診察を受け、医師からは内科的にも何も問題がないと言われたことで、ようやく精神科もしくは心療内科を訪れるというケースが多く見られます。

全般性不安障害の原因は?様々なものが絡み合っている!

全般性不安障害のきっかけはストレスじゃない?

うつ病などの精神疾患は、慢性的なストレスに因るものが多いですが、全般性不安障害に関しては、ストレスはあくまできっかけの1つに過ぎないと認識されています。元来持ち合わせている性格など、様々な要因が絡み合って発症する事例が多く見られています。

セロトニンも関係している?

脳内伝達物質の1つであるセロトニンの調節が上手くいかないことも、全般性不安障害の要因の1つであると言われています。

セロトニンの調節機能が上手く働かないことに加え、本来神経質な性格や真面目な性格を持ち合わせていると、更なる不安感を引き寄せることにつながり、全般性不安障害を引き起こす確率が高くなります。

全般性不安障害の治療法は?2つ紹介!

特に全般性不安障害に有効だと言われている治療法を2つ紹介します。

1.薬物療法

全般性不安障害はセロトニンの調節機能が安定しないことも要因としてあげられているため、セロトニンの調整が安定するように薬物を投与する治療法が有効です。

主に使用される薬には、うつ病の治療でも用いられる「選択的セロトニン再取り込み薬」、いわゆる「SSRI」と呼ばれるものや、抗不安薬などがあげられます。

2.自律訓練法

全般性不安障害では、身体が緊張しやすい状態になることが多く、それにより頭痛や肩こりを引き起こすケースが見られます。よって、筋肉の緊張をほぐすことができる自律訓練法も非常に効果的な治療法となります。

全般性不安障害を予防するのに大切なことは?生活を整えることが重要!

全般性不安障害の予防策としてあげられるのは、規則正しい生活態度です。手軽にできるものとしては、主に下記のようなものがあります。

    <全般性不安障害の予防策>

  • 早寝早起き
  • 身体を動かす
  • 過労に気をつける
  • 太陽光を浴びる
  • よく噛む
  • 腸内環境を良くする

特に有効なのが、身体を動かすこと太陽光を浴びること腸内環境を良くすることです。

身体を動かすことの効果は?

リズム感のある運動が、セロトニンの分泌の安定に大きな効果があります。特におすすめなのが、ウォーキングです。一般的に、45分以上ウォーキングをすることで、セロトニンの分泌が活性化されると言われています。

太陽光を浴びることの効果は?

太陽光を浴びることで自律神経がリセットされ、セロトニンの分泌がされやすくなります。

腸内環境を良くすることの効果は?

セロトニンを分泌させるのには、セロトニンの材料であるトリプトファンの代謝物を脳へ運ぶ必要があります。それを生成するためには、腸内環境を整えることが非常に有効となります。食物繊維を多く含む食品を摂取したり、適度な運動をしたり、リラックスをしたり、取り入れやすい方法で腸内環境を正常に保つことで、全般性不安障害を予防することができます。

全般性不安障害にならないようにするためには?リラックスが大切!

全般性不安障害について、原因や症状、治療法、予防策について解説しました。全般性不安障害は、様々な要因が複雑に絡み合って発症しますが、真面目で神経質な人ほど発症しやすいというデータがあります。よって、体や心の緊張をほぐし、リラックスすることが何よりも大切であると言えます。

全般性不安障害が悪化してしまうと、日常生活に大きな影響をもたらしてしまう場合があります。その前に、しっかりと適切な対処をし、不安であれば精神科や心療内科に相談してみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ