夏だけに起きるうつ病?夏季うつ病について徹底解説!

長時間の労働や人間関係などによる慢性的なストレスから、現代社会では2~3人に1人がなんらかの精神的な不調を抱えています。その中でも、特定の季節だけに発症する精神的うつ病があります。

特に近年、夏季だけに発症する「夏季うつ病」が疑われる人が増えてきています。そこで、夏季うつ病とは一体どういったものなのかといったころから、原因や対策方法について紹介します。

夏季うつ病って一体なに?夏バテとは違う症状に注意!

夏季うつ病とは、季節性感情障害の一種です。大体、夏が近づいて暑くなる5月~9月に発症することが多く、涼しくなるにつれて症状は改善されていきます。夏バテと勘違いされやすい夏季うつ病ですが、夏バテとは全く違う症状を伴いますので注意が必要です。

夏季うつ病とうつ病の違いは何?ストレスの有無がポイント!

夏季うつ病は、一般的に知られているうつ病とは異なり、思い当たるストレスの原因がありません。仕事も順調で人間関係にも問題がない、それなのに気分が落ち込む、不安感が消えない…という場合は、夏季うつ病を疑ってみるのがおすすめです。

夏季うつ病と夏バテの違いは?気分の落ち込みがあるかどうかが重要!

夏季うつ病と夏バテで共通しているのは、食欲不振です。夏になると、あまり食欲が湧かないという人は多いものです。しかし、夏バテには夏季うつ病と違い、気分の落ち込みや不安感はありません。そういった症状が見られる場合は、心療内科に相談して診断を受けてみることがおすすめです。

夏季うつ病の原因は?日光や温度も関係している!

夏季うつ病の原因は、主に6つあります。

    <夏季うつ病の原因>

  • 女性ホルモンの変動
  • 日光の浴びすぎ
  • 室温の設定
  • 栄養の偏り
  • 寝る前のパソコンやスマートフォンでの作業
  • 暑さに対する過剰反応

女性ホルモンが変動すると夏季うつになりやすい?

夏季うつ病になる比率は圧倒的に女性が多く、なんと男性の3倍にものぼります。その理由として、女性ホルモンの変動が起きやすいことがあげられます。女性は男性に比べて、太陽光や湿度、温度などの外的ストレスに敏感です。それにより女性ホルモンが乱れ、夏季うつ病になりやすいと考えられています。

日光を浴びすぎると夏季うつ病を招く!

日光は脳内神経伝達物質であるセロトニンの活性化を促進しますが、日光を浴びすぎてしまうことで疲労を招いてしまうという一面もあります。

また、夏は海水浴やバーベキューなど、屋外でのイベントが多くなる季節です。外出は体に想像以上の負担をかけます。この2つが合わさることによって、夏季うつ病を招いてしまう確率が高いと考えられています。

外気の差が夏季うつ病を呼び寄せる!

夏の暑さに負け、ついクーラーを低い温度でつけてしまいがちという人は要注意です。外気の差は身体的不調につながり、夏季うつ病を招いてしまう危険性が非常に違いです。クーラーの設定は外気の温度とあまり差が出過ぎないようにすることが望ましいです。

また、逆に女性の場合はクーラーをつけると体が冷えるという理由で、クーラーをつけずに暑さを我慢してしまいがちです。これもまた、暑さがストレスとなり夏季うつ病になる原因となってしまいます。

無理をせずクーラーをつけたり、扇風機を利用したりするなどして、自分の体調と相談しながら心地よい温度で過ごすことが大切です。

栄養の偏りがうつ病の要因に!

夏になるとつい、冷たくて喉越しが良いそうめんや中華麺、ざるそばやうどんなど、口当たりが良いものを選んでしまいがちです。しかし、淡水貨物ばかりを摂取していると、肝心の他の栄養素を体に取り込むことができません。

よって、食欲がなくても食べやすいレシピを探すなどして、栄養が偏らないように注意することが重要です。肉類やたまごなどのたんぱく質や、チーズなどの乳製品をしっかりと食べましょう。サッパリとした口当たりのお酢を使った料理もおすすめです。

寝る前のパソコンやスマートフォンの作業は夏季うつ病を呼ぶ!

寝る直前まで、ついパソコンやスマートフォンでネットサーフィンをしたり、SNSで友人と交流したりするという人も多いです。しかし、パソコンやスマートフォンのブルーライトは自律神経を優位にしてしまい、興奮状態へと繋がってしまいます。

それによりなかなか寝付けず、さらに自律神経が乱れ、やがて夏季うつ病を招くという結果になってしまいます。少なくとも、就寝する30分以上前には、パソコンやスマートフォンから離れ、リラックスする時間を設けるようにするのがおすすめです。

暑さに対する過剰反応は夏季うつ病の元になる!

日本の都会は、特にアスファルトで覆われた地面からの反射熱やエアコンの熱気といった、夏の暑さを助長させる要素が数多く存在しています。この熱にやられてしまい、「夏場は嫌だ」「暑いのが嫌だ」と思ってしまうことが、夏季うつ病をますます加速させてしまいます。

確かに夏場の暑さは非常に辛いものですが、過剰に反応してしまうとそれがストレスとなってしまいます。あまり過剰に反応せずに受け流すことが大切です。

夏季うつ病の予防策は?対策法は3つある!

夏季うつ病の対策病としては、主に3つあります。

①適度な運動をする!

適度な運動はストレスの解消になり、結果的に夏季うつ病を予防してくれます。夏場は暑いので、涼しさを感じられるプールで泳いでみるのもおすすめです。

②しっかりと水分を補給する

夏場は冷たくて爽やかな喉越しを求めて、ソーダ水やアイス状のドリンクなどを口にしてしまう人も多いです。しかし、それらは水分の補給にはなりません。しっかりと水で水分を補給することで、夏の暑さへの対策となり、ひいては夏季うつ病の予防にもなります。ミネラルウォーターを冷蔵庫に常備しておくことをおすすめします。

しっかりと睡眠をとる

暑くて寝苦しい夜にはなかなか寝付けないという人も多いですが、睡眠は自律神経を整えるのに大きく役立ちます。よって、クーラーのタイマーや扇風機の風をうまく使い、睡眠環境を整えてしっかりと眠ることが大切です。

夏季うつ病で大切なことは?早めの相談や適切な環境づくりが重要!

あまり知られていない夏季うつ病という病気や、原因と対策について紹介しました。

夏季うつ病になってしまうと、せっかくのお盆や夏休みを楽しく過ごせないことにつながってしまいます。そうならないためには、第一に少しでもおかしいと思ったら早めに専門の病院を受診することが大切です。適切な処置を受けることは、安心感にも繋がります。

次に、適切な環境づくりも大切です。夏季うつ病は周囲の環境で発症する可能性が高まります。少しでも暑い夏を快適に過ごせるように、クーラーや扇風機などの冷却機器を適切に使用し、自分の体が快適に過ごせるように工夫しましょう。

このように、自分の体調と向き合うことや日々の工夫が夏季うつ病の対策や予防にはとても重要であると言えます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ