気分変調症で生活に不安があり治療も出来ない?障害者手帳がある!

気分変調症の患者さんが病院に行く時には、すでに長い間症状に悩まされてからというケースが多く症状も重症化している時も数あります。

治療には時間が必要になるのに、仕事も上手くいかない為に生活の事が心配で治療どころではないというケースも少なくないのが現状です。

安心して下さい、患者さんが安心して治療を続けて生活していく事が出来る為の支援が幾つかあります。その中の1つに障害者手帳というものがあります。

障害者手帳というと、あまり良くないイメージを受けられる方も多くいるのですがけっしてそんな事はないのです。患者さんが、治療に専念できてまた働くことが出来る為のものです。今回は、そんな障害者手帳について調べました。

気分変調症はどんな病気?気持ちの落ち込みが続く!

気分変調症とは、1日中落ち込んだ状態が長い期間続く状態の事をいいます。この病名は、WHOでの分類の呼び方になります。アメリカの精神医学会の分類では、気分変調性障害という呼び方になります。

症状はうつ病に似ていますが、軽いので病気と考える事がなく自分の性格からきているに違いないと考えて病院への受診が遅くなるケースが多くあります。

その症状には何がある?

うつ病に似ていますが、軽い症状といっても患者さんには辛い事が続きます。症状が長く続く事で、うつ病を併発する時もあります。下記に良く見られる症状を挙げました。

    <気分変調症で良く見られる症状>

  • 1日中憂鬱な気分でいる
  • 自分、憂鬱な状況にある事を自覚してる
  • 眠れない
  • 食欲がない、過食になる
  • 自分に価値がないと感じている

安心して治療する為には?支援を受ける事が出来る!

精神疾患の治療をする為には時間が必要になります。現実には仕事の面でも心配があり、生活の為に治療を続けることに不安を感じている患者さんも多くいます。

患者さんが安心して治療を進める為に色々なサポートが用意されています。その中の1つに、経済的な支援サポートを目的とした精神障害者保健福祉手帳というものがあります。支援を受ける為には申請手続きが必要になります。お住まいの地方自治体で確認をして下さい。

経済的な支援とは何?

受けられる支援については、日本全国一律で行われているものと地域によって行われているものとがあります。下記に挙げましたが、詳細は住んでいる地方自治体で確認をして下さい。

    <日本全国一律で行われているもの>

  • 公共料金などの割引
  • NHK受信料の減免
  • 税金の控除や減免
  • 市営や県営住宅入居の時
  • 職場適応の訓練
    <地域によって行われているもの>

  • 鉄道やバス、タクシー等の割引
  • 携帯電話料金の割引
  • 上下水道料金の割引
  • 公共施設の入場料の割引

就職活動にも役立つ?

精神障害者保健福祉手帳の利点には、ハローワークで就職活動をする時に仕事に就きやすい事があります。これは障害者雇用促進法のおかげで、民間企業は従業員に合わせた割合で障害者の雇用が義務になっているからです。

精神障害者保健福祉手帳とは?心の障害が基準内!

精神障害者保健福祉手帳とは、精神疾患の治療を6か月以上行なっているのに良い結果が現れずに生活に支障が大きく出ている患者さんの為のものです。

そして、一定レベルの精神障害の状態にある事を認定されている事を表すものになります。また、病気を治療して自立して仕事に就ける為に色々な支援を受ける事が可能になります。

心の障害が基準内とは?

精神障害者保健福祉手帳とは、患者さんの症状により3つの等級に分けられています。判断は総合的にされます。目安を下記に挙げました。

    <3つの等級分けの目安>

  • 1級、精神障害があり日常生活に著しい艱難がある
  • 2級、精神障害があり日常生活に著しい制限がある
  • 3級、精神障害があり社会生活に著しい制限がある

どんな支援があるの?

精神疾患の治療を必要としている患者さんの為に用意されている支援には、医療費の助成や生活費の保障等と手帳の他にも色々とあります。

手帳の手続きは?住んでいる地方自治体で出来ます!

手帳の申請手続きは、住んでいる市区町村役所で出来ます。役所に行って「精神障害者保健福祉手帳」の手続き出来ましたと案内窓口で伝えると案内してもらえます。

申請書類は窓口にあります。申請には必要なものがありますので、確認をして用意しましょう。必要なものの中には、医師の診断書もあり医療機関で用意されていますが都市ごとに書式が別になっているので注意が必要です。

必要なものを揃える!

精神障害者保健福祉手帳の申請必要なものを、下記に挙げました。医師の診断書については、詳細な記載が必要になるので時間に余裕をもって主治医にお願いしましょう。

    <手帳の申請必要なもの>

  • 医師による診断書
  • 印鑑
  • 写真、たて4cmよこ3cmで上半身
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証など身元確認できるもの

注意して有効期限がある?状況により再手続が必要!

申請手続きを済ませてから手帳が手元に届くまでには、審査があるので2か月くらいかかります。直ぐには手元に交付されないのです。

交付の通知書が届いたら、申請手続きをした窓口で受け取る事が出来ます。手帳には有効期限がありますので、使い続ける事が出来ません。2年毎に更新手続きが必要になるので、不明な時は同じ窓口で確認して下さい。

再手続が必要とは何?

2年毎に、患者さんの状態について申請をする必要があります。罹っている医師にお願いをして、診断書を提出する必要があるのです。

治ったら返す必要が?

有効期限内でも、治療の効果が出て医師の判断で手帳の必要性がもう無いとされた時には手元にある手帳は返さないといけないのです。

まとめ

今回は、気分変調症の患者さんが受ける事が出来る精神障害者保健福祉手帳とは何なのか、手続きや受けられる支援等について調べました。

安心して治療出来る為色々なサポートが用意されています。その中の1つに、経済的な支援サポートを目的とした精神障害者保健福祉手帳というものがあります。支援を受ける為には申請手続きが必要でお住まいの地方自治体で出来ます。

申請書類は窓口にあり、必要なものがあるので確認をして用意しましょう。受けられる支援については、日本全国一律のものと地域のものとがあります。

手帳には有効期限がある事と、状況確認の為に再手続が必要になります。また、治療により治った時には返す必要があります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ