子どもが欲しくて“うつ”に!オードリー・ヘップバーンの波乱の生涯

「ローマの休日」(1953年)をはじめとする数々の名作で成功を収め、「永遠の妖精」と呼ばれているオードリー・ヘップバーン。

しかし、私生活では苦労も多く、うつ状態になったこともありました。

ここでは、彼女の人生とうつになった経緯を紹介しましょう。

戦争でひもじかった子ども時代

オードリー・ヘップバーンは、ナチス占領下のオランダで少女時代を過ごしました。

資産家だった母親の資産は凍結され、食事の配給もほとんどなかったため、終戦時には栄養失調状態。ひもじい中で連合国の食料支援を受けた経験が、晩年のオードリーのユニセフでの活躍につながっているといわれています。

メル・ファーラーとの結婚と、流産による“うつ”

オードリーは共演者と恋仲になることが多く、ゴシップ記事に取り上げられることも少なくありませんでした。1954年9月にアメリカの俳優メル・ファーラーと結婚しますが、1955年と59年の2回にわたって流産を経験しています。

特に2回目の流産は、映画「許されざる者」の撮影中に落馬したことによるもので、岩に投げ出されたオードリーは病院に搬送されましたが、お腹の赤ちゃんは手遅れでした。

この事故による悲しみは深く、オードリーは半年ほどうつ状態に陥ってしまいました。

オードリーの強烈な母親願望

通常でも流産は女性の心身に強いショックを与えるものですが、うつになるほどオードリー・ヘップバーンが気を落とした背景には、彼女の「母親願望」が関係しているといいます。

オードリーは、きちんと結婚して子どもを持ちたいという想いを強く持っていたとされています。オードリーは、「麗しのサブリナ」(1954)の撮影時恋人だったウィリアム・ホールデン(当時既婚者)との子どもを望んだそうですが、ホールデンが病気のために精管を切っており、子どもができないことを知ると彼女の方から別れを切り出したといわれているほどです。

スイスでの静かな子育てに癒される

一時は体重も減少し、タバコも増えてしまったオードリーですが、1960年に第一子となるショーンを設けると精神も落ち着いていきます。その後も何度か流産しますが、再婚して1970年には2人目の子ども・ルカを産み、スイスの湖水地方で穏やかな日々を送りました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ