もう副作用におびえない!漢方薬はうつ病の治療にも使えます!

うつ病は今や多くの人がかかる精神疾患で、一定の条件が揃えば誰でもなりうるものです。

うつ病になれば、治療のために心療内科もしくは精神科に行くことになります。

病院での主な治療法は、薬物療法になります。薬物療法では抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬など市販のされていない特殊な薬が使われることが多いです。

しかしこのような薬の副作用が強くて飲めない、という場合は漢方薬を服用するという方法もあります。

意外に多くある!うつ病の治療薬の選び方について

うつ病の治療に使用される薬はさまざまなものがありますが、一般的には眠気が強くなったり依存性があるなどの副作用が強くなり、病院を受診してもこれらの精神科領域の薬を服用することに抵抗を持つ人は多いです。

それでもかかりつけ医はまず最初に抗うつ剤などの薬を出し、それで体調不良が生じたりかえって症状が重くなったりしたら、次に使用する薬をゆるやかなものにするなど違うものに変更するか、もしくは漢方薬を使うということを選択します。

漢方薬も保険適用となり一定の効果も期待できるうえ、副作用も比較的少ないため多くの医療機関で処方されています。

見極めが重要!漢方薬をうつ病の治療として使用する場合

うつ病の治療で漢方薬を使用する場合は、その人の体質によってふさわしいものを見極めて処方する必要があります。

漢方薬でうつ病に効果があると言われているものは10種類以上はあり、症状の程度や患者の体質によってどれがふさわしいかを決めて処方します。漢方薬は問診で合うと思われていても、実際服用してみると合わなかったりすることもあります。

そのため患者からの訴えがあったりかかりつけ医が不適当と判断すれば、別の漢方薬を処方することもあります。なお漢方薬は一般的に西洋医学の薬よりも効き目が緩やかである傾向があるため、2週間から3か月くらいの単位で症状に変化がないかを見る必要があります。

本当に大丈夫?うつ病は漢方薬だけで治療可能なの?

一般的にはうつ病の治療は抗うつ剤がメインになっている、ということが一般的に認知されているために突然かかりつけ医から漢方薬の服用を勧められたら効果があるのかどうかと思って不安になってしまうという人も多いです。

しかし、さまざまな医療現場では漢方薬の効果は実証されています。今うつ病の治療中で漢方薬を処方されているという人は、効果があるから処方されていると信じて服用するようにしましょう。

また漢方薬は苦くて飲むのが大変だというイメージがありますが、種類によっては錠剤もあるので一度かかりつけ医と相談してみるようにしてください。またよく子ども向けに苦い薬が飲みやすくなる、ゼリーのようなものが店舗で販売されていますが、そのようなものを使って飲むのも問題ありません。

漢方薬は続けなければ効果が出ないので、しっかり飲むようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ