うつの復職へのリスクは!?段階的な準備をして社会復帰する大事さとは

うつは一度発症してしまうと治療し完治するまでに長い闘いがあります。

ですが、完治する事が無くとも適切な治療を続けていれば社会復帰し復職する事も可能です。

復帰する為には気を付けなければならない事もありますので紹介していこうと思います。

社会復帰を急ぎすぎない事

うつの症状は人によって少しづつ違いますし、度合も違います。ですが、主な症状としては気分の落ち込みや精神的不安、社会からの脱落による焦り、意欲の低下などが挙げられます。

治療を継続する事によって症状は少しづつ緩和してきて、あまり目立たなくなってはきますが、すぐに復職を目指すのはリスクが高いです。症状が治まっているのはあくまでも”収まっている状態”の事を指すのであって治療が完了している訳ではありません。

その為、焦って職場への復職を行おうとすると再発や悪化する可能性が非常に高いです。復職する願望がある場合は、担当医師への相談の上、アドバイスを受けてから復職するといいでしょう。

焦る気持ちは分かりますが、自分の判断での復職はリスクが非常に高まります。

うつと復職へのプロセス

復職を希望する場合は担当医師への相談が必要な話は先ほど致しました。

その上で、医師に情報提供する素材として、・日常生活でのうつ症状の状態・復職後の職場の業務内容、業務時間を伝える事が望ましいです。日常生活でのうつ症状に関しては、本人とご家族や同居の方がいればその方からの情報提供も。

業務内容に関しては、企業側から情報提供を行ってもらう事が理想的です。その情報提供を終えた上で、医師が判断して復職へのアドバイスを提示してもらう手順が理想的でしょう。

職場への服飾の為に体力を付ける事

うつの症状を発症してしまった人は自宅にこもる事が多く、体力が著しく低下してしまっている可能性が高いです。その為、医師と相談の上、復職への道を切り開いていく段階として体力を以前の状態にまで向上させる必要が出てきます。

毎日定時に行うウォーキングであったり、有酸素運動を重ね、少しづつ体力の回復を図り復職の準備を整えておく事が重要です。

復職予定の職場の上司とも情報を共有する事

うつは再発の可能性がとても高い病気です。その為、現状の状態に関して連絡を取る事が可能な時に上司に報連相しておく事が重要です。

復職した時にスムーズな仕事環境を作る事が出来るように自分の状態を職場にも知っておいてもらう事が必要です。可能であれば「試し出勤制度」などがあれば理想です。

一定期間内復職し、完全に復職が可能なのか、本人と企業側で観察する事が大事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ