なかなか難しいうつ病治療の現実と休職からの復職へ

うつ病は誰でもかかる”心の風邪”と言われていますが、病気としては完治はせず寛解という診断になります。

ストレスの多い会社に復職しても、寛解という診断で仕事を継続していくことはかなり難しいことになります。

うつ病と診断されたら

疲れがとれない、眠れない、食欲がない、気力が起きない、仕事上でつまらないミスが増える…等々。

なんかおかしい、と感じで病院へ行ったところ”うつ病”と診断される。まさか自分が!と思うことでしょう。しかし、意外と多いのが実情です。むしろ少しでも早く”うつ病”と診断され、早めに治療を受ける方が治りが早いです。

でも、なかなか仕事をしながら治療をしていくのは難しいです。まじめな人の方がかかりやすい…といわれますが、仕事は休めない!と思わず潔く休みことをお勧めします。会社によっては休職という対応をしてもらえます。

身体と頭をまとめて休ませる、ということが”うつ病”の治療では大切なことです。

休職中過ごし方

会社から休んで良いと言われて休職していても、どうしても仕事のことは気になるものです。

一方、休職者を出した職場では休んでいる人には仕事の連絡をとらないような指示がでます。お互いに連絡をとりずらい関係になってしまいます。そうなるとその先にある復職がしずらいことになってしまいます。

最悪は休職のまま退職ということにもなりかねません。ではどうすれば良いでしょうか。少し病状が良くなって来たら出来れば直接仕事上関係のない会社の知り合いに連絡をとってみてください。

電話よりメールが良いです。なにげなく自分の回復してきた状況を報告しながら、会社の現状を聞いてみると良いでしょう。

復職が決まったら

いよいよ、医師と産業医から復職可能という判断が出たら。

それまで、早く仕事に戻りたい!という焦りに満ちていた気持ちからイッキに不安な気持ちに落とされます。会社側も復職者をどう迎えたらよいか?というのが正直な対応です。

でもそこは復職可能という判断が出たという自信を持って仕事に復帰してください。もう、身体も心も大丈夫ということです。むしろ、一回り成長した自分で復職してください。

最後に

復職した職場では最初のうち、あの人は”うつ病”で休職してた人だ…という人もいるでしょう。休む前と対応が変わる人もいます。どんな病気でも、前と後では人間変わります。

むしろ”うつ病”経験者として会社に貢献出来ることもあります。決してあきらめずに、復職をめざして病気を治してください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ