うつ病に処方される漢方薬とは?認められる症状に応じた漢方薬があります

うつ病に対して処方される薬として、西洋医学に基づく医薬品と、東洋医学に基づく漢方薬があります。

西洋医学に基づく医薬品は直接的な効果がある反面、副作用が発現が少なからずあります。

一方東洋医学に基づく漢方薬は、効果やその発現は緩やかではあるものの、天然の成分を使用しているため副作用がほぼないというのが大きなメリットです。

では、うつ病に対してどのような漢方薬が処方されるのかと確認しましょう。

1.実証の方(体力や抵抗力があり、生理機能が高まっている状態)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

不眠やイライラなどの精神症状がある方、便秘や排尿障害がありお腹を押すと痛みがある方に処方されます。

大承気湯(だいじょうきとう)

膨満感があり腹部が固い方、不眠や不安などの精神症状がある方に処方されます。

腹部が硬くつかえて膨満感が強く、不安、不眠、興奮などの精神症状をともなって便秘する場合

2.虚証の方(体力や抵抗力が低下しており、生理機能も衰えている状態)

加味帰脾湯(かみきひとう)

貧血、動機、不眠、寝汗や精神不安がある方に処方されます。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

倦怠感、血行不良、息切れ、動機や寝汗、口の渇きがある人に処方されます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

肩こり、疲れやすい、のぼせや頭痛、精神不安などの精神症状があり、便秘がちの人に処方されます。

うつ病のほかにも虚弱体質、月経異常、更年期障害、冷え性といった症状がある人に対しても加味逍遥散は処方されます。

3.中間証明(ある特徴は虚証、別の特徴は実証というように、特徴が虚実のどちらかに偏ることがない場合を中間証と呼んでいます。)

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

食欲不振や吐き気があり、お腹が張っている人に処方されます。

不眠や動悸などの精神不安があり、咳、めまい、顔や手足のむくみを合併している人にも処方されます。

柴朴湯(さいぼくとう)

のどの異物感、気分が塞ぐ、動悸、めまい、吐き気がある人に処方されます。

漢方薬は一般的販売されており、誰でも購入することが可能ですが、漢方薬によっては服用禁忌とされているものもあります。自己判断で購入するのではなく、まずは医師の診察を受けてから、適切な漢方薬を購入して下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ