仕事にどのような影響が?双極性障害が仕事に与える悪影響!

双極性障害は、躁状態とうつ状態の波が定期的にやってくる、気分障害と呼ばれる精神疾患の一つです。

躁状態においては、健康な人よりももっと強いエネルギーを持って活動できますが、多弁、集中力の欠如などで周囲に迷惑をかけるケースが多くあります。ここでは、双極性障害が周囲に、特に仕事においてどのような影響を及ぼすかを紹介します。

集中ができない?躁状態

躁状態においては、睡眠時間がほとんどない状態で活動し続けたり、周囲にずっと話し続ける多弁などが特徴です。仕事には精力的に取り組むのですが、集中できない為何一つ完成させる事ができません。

周囲を振り回す?躁状態での仕事

周りの人たちの仕事の支障になるほど話しまくったり、仕事を途中で放り投げてまた別の仕事に取りかかったりする事で、仕事の仲間に大きな迷惑をかけてしまいます。急に人が変わったように活動するものの、周りからすると、急にわがままになった、ひどい人だと反発し、批判されるという結果になってゆきます。

社会的信用を失う?躁状態

また突拍子もない企画や提案を行ってみたり、多大な投資を考えなしに行ってしまって失敗してしまったり、様々な判断を間違えてしまい、社会的信用を大きく失うケースも多くあります。

軽躁と躁とは何が違う?違いを説明!

双極性障害II型の特徴である軽躁状態は、躁状態と類似しています。しかし入院するほど重くはではなく、幻聴や妄想もないなど、社会生活に大きな問題を起こさないことが特徴です。

病気と思われにくい?軽躁状態

軽躁状態は、周囲に大きく迷惑をかけることはありません。しかし人が変わったように元気で、短い睡眠時間でも活動できます。人間関係にも積極的になりますが、少し行き過ぎていると感じられる場合もあります。それが原因で、仕事の上で問題を発生させていたとしても、それを本人が気付いていない事がほとんどです。

仕事で成功する場合も!軽躁状態

しかし軽躁状態は、周りから見ても、いつもより仕事ができる、熱心に仕事をしているとしか見えず、異常な状態だと認識されることはまずありません。そして患者のなかには、この軽躁状態の時に仕事で成功することが多いのです。その為に、さらに症状が把握できない状態を招いてしまいます。

いつか疲れて破滅へ!軽躁からうつへ

しかし、疲れに気づかず、睡眠時間も短くなる事で、大きく疲労し、そして大きなうつ状態を迎えてしまいます。そこで会社に通えず、仕事をする事ができなくなり、場合によっては退職を余儀なくされてしまうのです。

うつ状態とは?健康な人とは全く違う!

うつ状態とは、筆舌に尽くしがたい、何とも形容しがたい、うっとうしい気分が何日も続く抑うつ気分と、全てのことに興味をもてなくなり、何をしても楽しいやうれしいと気分がもてなくなる、興味喜びの喪失が、主な症状となります。

仕事ができない!うつ状態

うつ状態が悪化すると、ベッドから起きる事ができない、寝たきりになるという事となり、結果職場への出社ができなくなってしまいます。ここで適切な治療を行わないと、職場復帰ができずに、会社を辞めざるを得ない状態になってしまいます。

どうなる?職場復帰してからの仕事

双極性障害の治療がうまく進み、躁やうつの症状が安定すると、職場復帰の道筋が見えてきます。しかし職場復帰してから、いくつか考慮しなければならない事項があります。それを以下に記します。

服薬をしっかり継続!

職場復帰した際にまず気をつけたいのは、きちんと服薬を継続することです。仕事を始めることで、生活や食事の時間が不規則になりがちです。また同僚の前での服薬は、気が引ける事もあるかもしれません。しかし双極性障害にとっての薬物療法は、いわば生命線です。ここはしっかりと服薬を継続するべきです。

薬の副作用を覚えていて!

気分安定薬には、いくばくかの副作用があります。代表的な気分安定薬であるリチウムの大きな副作用には、手の震えがあります。手先を使う仕事の方々には、非常に厳しい状況となりますが、これは仕事の上司などに相談し、調整してゆく事が大切です。

生活リズムを崩さずに!

双極性障害にとって最も大切な事は、生活リズムを崩さないことです。毎日決まったリズムを守り、しっかりと睡眠を確保する事が、再発防止につながります。しかし会社に復帰すると、どうしても残業や、仲間からの飲み会などの誘いが発生します。しかしここは流されずに、残業の場合は上司に相談し、飲み会は理由を述べて断るなどして、生活リズムをまず第一に守るようにしましょう。

まとめ

今回は双極性障害の症状が仕事にどう影響を与えるかということで、躁状態、軽躁状態、うつ状態それぞれの仕事に与える影響を記してきました。あわせて職場復帰後に、仕事の中で気をつけるべき事項も記しました。これらを確認いただき、気づきになるポイントを見つけていただければ幸いです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ