焦りは禁物です!うつ病に向き合い克服するためには?

うつ病はいつ誰がかかるかわからない現代病のひとつです。

完治ということは難しく、風邪のように3日分の薬を飲めば治るいう病気ではありません。気長に治療りしていくという覚悟が必要です。

うつ病になったら

疲れがとれない、眠れない、食欲がない、朝起きられない日が続き、なんかおかしい、と感じで病院へ行ったところ”うつ病”と診断される。落ち込んでいる気持ちがさらに落ち込む瞬間です。

なんでこんな病気にかかったのだろう?いつ治るのか?余計不安になっていくと思います。

うつ病の診断後にくるさらに辛い時期

うつ病と診断され、治療が始まります。最初は病院へ行ったり、診察の順番を待つことさえ辛いと思います。

医師と話すことはさらに負担が大きいものとなります。さらにこの病気で難しいのは、その人の症状にあった薬を見つけることです。2週間単位で薬を処方され様子をみます。その後の症状で、医師の判断でまた違う薬を2週間処方されることは良くあります。

その段階で、本当にこの病院でいいのか?この先生で大丈夫なのだろうか?という最初の焦りが生じます。

回復にむかうまで

何回が薬の種類を変えたり、量を変えるなど処方の変更を繰り返していくうちにだんだん少しずつ、病状に回復の兆しが見えてきます。

それにはかなり時間がかかります。あまりの長さに本当に治るのか?という焦りはつきものです。人によってはその焦りから病院を次から次へと変えて行き、その度にまた新しい薬をいちから飲み始めるという負の連鎖にはまるということもあります。

しかし、そういう病気だ!と覚悟を決めてその焦りを克服していくしかありません。

必ず病気を克服できると信じて

不安と焦りを繰り返しながら通院と服薬を続けていけば、必ず回復に向かいます。

すぐ治るという概念は捨てて、“焦らない”ということもこの病気の処方のひとつかと思います。うつ病は身体も頭も疲れ果てた上で発症するものです。まずはゆっくり過ごしことが大切です。

先のこといろいろと焦って考えがちですが、それは治ってから考えれば良いことです。逆に焦っては病状を悪化させ、治りが遅くなる原因にもなりかねません。治ると信じて、焦らずうつ病を克服してください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ