うつ病でもできる!一人暮らしをする上で大切なことは?

一人暮らしをすると、生活する上で色んなことを全て一人でやっていかなければならなくなり大変です。そして、一人暮らしをすることはうつ病になりやすい傾向があります。

もしそれが原因でうつ病になってしまったとしたらどう克服したら良いのでしょうか。

そこで今回は、うつ病の症状を知りながら、一人暮らしをしているうつ病の人の克服の方法について紹介します。

ちょっとしたことが弱点!?一人暮らしがうつ病との関わりを持っている

一人で生活をするということはうつ病との大きな関わりを持ちます。とは言っても、うつ病がどんな症状なのかわからないという方も多いはずです。なのでここでは、うつ病の症状にも触れながら、一人暮らしとどんな関わりを持っているのかをお話しします。

うつ病の症状

うつ病とは、簡単に言うとやる気が起こらない状態が長期間続くということです。また、やる気が起こらない以外にも焦りや不安が起こったり、落ち込んだりするケースもあります。このようなことが起こると、家から出なくなってしまったり食欲不振、睡眠不足になってしまいます。

ではその原因とは何なのでしょうか。

うつ病の原因は身近にあった!?

うつ病は、日常生活が関係していることが原因となるケースが多いです。例えば、日常での精神的なストレスはうつ病の原因と大きく関わっています。

日々生活をしていると、人間は少なくとも多少のストレスは抱えます。そのストレスが蓄積され、もう我慢ができないと爆発してしまった時に、やる気が起こらなくなってしまう症状が起こります。一般的には、そのような症状が起きても次の日には何も感じなくなります。しかし、それが長期間続くとその症状はうつ病である可能性が極めて高いということです。

一人暮らしはうつ病になりやすい?うつ病と一人暮らしの関係を徹底分析!

うつ病の症状は何が原因で起こるのかについてはお話ししました。では、その原因は一人暮らしにも関わってくるものなのでしょうか。

ここでは、一人暮らしがうつ病とどのような関係にあるのかをお話しします。

一人暮らし中にうつ病になったらどうする?

もし一人暮らし中にうつ病、あるいはうつ病に近い症状を感じた時、まずは実家へ帰るのが良いでしょう。というのも、一人暮らしは慣れないうちはストレスを抱えるもとになるからです。

うつ病というのは日々の生活習慣が大きく影響してきます。例えば、本来であれば日々家族でのコミュニケーションを行うはずですが、一人暮らしを始めるとその時間がなくなります。

慣れてくれば大丈夫ですが、慣れないうちは本当に辛いです。人によっては1週間も経たないうちに一人暮らしをやめたい気持ちになる人もいるでしょう。そういう慣れない環境下にいると、必ずストレスがかかります。

そのストレスの度合いが小さければ良いのですが、中には大きい人もいます。この度合い次第で、うつ病を引き起こすか引き起こさないかというところまで迫られるということです。

なので一人暮らし中にうつ病になったら、実家へ帰り自分の慣れている環境に戻り、徐々に自分の新しい環境に慣れていくということが大切です!

うつ病になっても生活できるの?うつ病でも一人暮らしが可能な条件とは

前述では、一人暮らし中にうつ病になってしまった時の簡単な対処法を紹介しました。ここでは、一人暮らし中にうつ病になってしまっても生活が可能な条件についてお話しします。

最低限の生活を維持していく体力が必要

一人暮らし中にうつ病になってしまった場合、どの程度の条件ならうつ病中でも一人暮らしができるのでしょうか。

うつ病中でも一人暮らしができる条件は、5つ考えられます。

  • 一つ目は自分で自炊し食事を準備することができるということです。確かに自炊ができたらまだ生活のできる許容範囲だと考えて良いでしょう。
  • 二つ目は、体調次第で掃除や洗濯ができることです。重度であれば体を起こすこともままなりません。なので体調が少しでも優れている場合に掃除や洗濯ができるとまだ生活ができる許容範囲ということです。
  • 三つ目は体調次第で自分で生活リズムをコントロールできることです。体調が少しでも優れている場合は、自分で生活リズムをコントロールできるとうつ病の改善にもつながりますよ!
  • 四つ目は、自分で生活を維持することができる収入があることです。うつ病になってしまってひどい場合は外にも出ることができなくなってしまいますが、生活を維持する収入さえあればまだそれは生活ができる許容範囲であるということです。
  • 最後は、もし何かあった時、自分の身近に頼ることのできる人がいることです。自分の身に何か起こった時に頼る人がいなかったら全て一人で抱え込んでしまわないといけなくなります。なので、身近に頼ることのできる人がいるということは大切になってきます。

これらはあくまで目安なので、できる条件には個人差があります。ですが、これらの条件には自身の体力も必要となってきます。なので、体力面を考慮することを忘れないようにしましょう。

うつ病中でも生活していく方法とは?

まずは、あなたの信頼できる人とコミュニケーションをとる機会を作りましょう。このコミュニケーションによって、ストレスが緩和されていきます。ただし、あなたにとって信頼の置けない人とのコミュニケーションは避けましょう。前例の逆で、かえってストレスが蓄積されます。

うつ病でも最低限の生活ができるように努力をすることが、うつ病の克服にもつながります。

人に頼られることが大切!その理由とは

うつ病を克服するためだけでなく、うつ病を予防するためにも大切なことは、人に頼られるということです。

ここでは頼られることがなぜうつ病と関係があるのか理由をお話しします。

迷惑と感じる人はいない

当たり前のことですが、人に頼られて迷惑と感じる人はいません。誰しも、人に頼られると嬉しいものです。

うつ病は自分への否定感情が強くなります。しかし人に頼られると、温かい気持ちになります。その気持ちが、肯定的な感情を生み出しうつ病を克服させる方向へと導いてくれます。

どのくらいなら大丈夫なの?うつ病の症状の度合いの目安とは

実際のところ、一人暮らしをしている中でうつ病になっても生活はできます。しかし、これには症状の度合いが関わってきます。もしうつ病の度合いが重いと、いくら一人暮らしをしようと思っても簡単に家事をこなすことは難しいでしょう。

ここでは症状の度合いの目安から、どれくらいなら一人暮らしができるのかというところを見ていきましょう。

軽度のうつ病について

自分がどれくらい症状が重いかどうかを調べるには、客観的に自分の生活スタイルを見つめ直すことから始まります。

自分が生活する中で、大きく3つ「自炊」「洗濯」「掃除」ができたら、まだ軽度のうつ病と言って良いでしょう。うつ病中では最低限の生活ができれば良いので、大きくこの3つができていればまだうつ病レベルとしては大丈夫と言って良いでしょう。

また、うつ病を克服する期間もそう長くならないでしょう。

重度のうつ病について

軽度のうつ病の生活基準とは違って、重度のうつ病である場合はまず一人暮らしをすることは難しいでしょう。軽度のうつ病であれば、「自炊」「洗濯」「掃除」がまだできるレベルではありますが、重度のうつ病になってくるとこの3つをすることもできなくなってしまいます。

うつ病を克服する期間も長く、一度は克服できてもまた再発してしまうなどといったことも珍しくありません。重度である場合はまず病院へ行きましょう。

勘違いは災いのもと!克服できても油断はするな!

病院、あるいは自分でうつ病を克服する取り組みを始めてからおよそ3ヶ月も経てば、誤った克服法をしない限り効果はすでに表れているでしょう。しかし、効果が表れていると感じることは、かえってうつ病を悪化させてしまう原因となってしまいます。

うつ病の治療効果が表れるのには大体3ヶ月かかります。正しい治療をしていると効果が表れてきますが、その効果が表れた時にうつ病が治ったと勘違いしてしまうのです。そして少し良くなったからと治療をやめてしまったり、病院へ通うのをやめたりしてしまうのです。

うつ病克服期間中は、治療はしていますが情緒は大変不安定な状態です。なので、自分の判断で治療をやめず、まずは医者に診てもらいましょう。

一人暮らしをする中でうつ病と向き合うことは難しいことかもしれません。しかし、うつ病になってしまったらまずは両親や、信頼できる人に相談をし、一人で抱え込まないようにしましょう。

そうすれば、一人暮らしでもうつ病は克服できますよ!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ