気分変調症ってどんな病気?知っておきたい症状と治療法

気分変調症とは、ほぼ一日中、抑うつ状態が続きその状態が長く続く慢性疾患です。

うつ病にも似ていますが、うつ病よりも比較的軽度なうつ状態が2年以上続いた場合、気分変調症(気分変調性障害)と診断されます。

気分変調症の主な症状

  • 食欲の減退、または過食
  • 食欲がなくなったり、また食べ過ぎてしまったりする為、体重の増減が激しくなったりする。

  • 倦怠感が続く
  • 何もしてないのに疲れる。だるさが抜けない。

  • 自分に自信がなくなる
  • 自分はダメな人間だと思い込む。自分は人より劣っているなどと思い込んでしまう。

  • 自己嫌悪や罪悪感に囚われる
  • 自分のせいだと思い込み自分を責める。他の人が出来ることが出来ないのは自分が弱くてダメな人間だからだと感じてしまう。

  • 絶望感を感じる
  • この先ずっと良いことがないように思える。将来に希望が持てなくなってしまう。などとネガティブな考えばかりに支配されていきます。

気分変調症の原因について

現在に至ってもまだはっきりとした原因はわかっていません。うつ病の病因と同じではないかとも言われていますが、うつ病の場合、副腎系の抑制がみられますが、気分変調症の場合その異常が少ないといわれます。

ですが、睡眠時の脳波の特徴はうつ病と酷似していることが認められており、気分変調症にも抗うつ剤が有効だということを示しています。

気分変調症は社会的ストレスや心理的ストレスなども一原因ではないかとも言われています。

気分変調症の治療法

気分変調症の主な治療法は服薬や、心理療法となります。治療法はフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチン、シタロプラムなど、うつ病治療に使用されるものと同じです。

気分変調症は人によっても症状の出方が異なるため、その人に合わせて治療薬や服用量を決めていきます。心理療法では、認知行動療法や精神力動的精神療法などを行い、症状の改善を目指します。

  • 認知行動療法とは?
  • 物事の捉え方(認知)を矯正していくことで気分や行動を変えていく治療法です。考え方の癖を正していきます。

  • 精神力動的精神療法とは?
  • 患者が抑うつ的な考え方や行動、またそのような感情をもってしまう原因を自身が認識できるようにしていきます。

気分変調症は慢性的なうつ状態が続きます。ですが、うつ病より症状が軽度の為、見逃してしまいがちです。そのまま放っておくと、うつ病を発症してしまう恐れもありますのでおかしいと思ったら専門の機関で受診されることをお勧めします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ