パニック障害と恐怖症はうつ病を誘発?それともうつ病が誘発するの?

パニック障害とともに不安障害にカテゴライズされる恐怖症には、さまざまなタイプの恐怖症があり、日本全国で何百万人もの人が苦しみと戦っています。人前で話すことを想像するだけで、怯えて身体を硬直させる対人恐怖症、飛行機やエレベ-ターに乗ることさえできない閉所恐怖症など、恐怖症の患者が恐れる対象や状況はそれぞれ異なります

恐怖症患者の家庭!疲れ切り、崩壊する危険性

閉所恐怖症のために、狭いオフィスで仕事が出来ずに仕事を辞め社会生活を犠牲にする人など、彼らが恐怖の対象物からいかなる手段を使っても逃避しようとする姿勢は、恐怖症を知らない者にとっては理解しがたいものであり、同時に恐怖症患者の家庭は疲れ切り、崩壊することさえあります。

恐怖症の症状とパニック障害のパニック症状

恐怖症の症状には次のような3つの身体的症状が現れます。

    <恐怖症の3つの身体的症状>

  • 胃の痛み、腹部に不快感
  • 激しい動悸、心拍数の上昇
  • 血圧の上昇

パニック障害のパニック症状と似ていますが、パニック障害の症状程深刻ではなく、身体に現れる症状も限定的です。またパニック発作に見られる「死ぬのではないか」「このまま気が狂ってしまうのではないか」などという強迫観念で精神的に自分を追い詰めることもありません。

恐怖症患者によくみられる特徴

基本的に患者は自ら進んで自身の恐怖症の症状を人に伝えることはまずありません

他人に知られまいとし、医師が誤診

多くの医者はそのために患者が味わった恐怖を見逃し、聞くこともなく誤診に走ることも多いのです。恐怖症の患者は、物事や状況に異常な恐怖を感じる自分を頭のどこかで馬鹿げていると考え、取るに足らないものだと思い込もうとしているから話せないのです。

このように恐怖から逃避し、それを他人に知られまいとすると、自分自身の行動が大幅に制限されます。

不安という概念!私たちの人生や仕事を守ります

道を歩いているときにトラックがもの凄い勢いで走ってきたら、誰でもトラックにぶつかることを想像して、不安になり道の隅によけようとします。また会社のクライアントの横柄で理不尽な言動に腹が立てば、クライアントを殴る場面を想定して不安に襲われます。そして胃に痛みが走るかもしれません。

結果を予想させる不安があなたの命や仕事を守る

結果を予想した不安が、あなたの衝動を抑制し、行動をコントロールすることであなたの命や仕事を守ってくれるとも言えます。このように正常な不安はあなたを社会生活に適応させてくれる効果がありますが、その不安が度を越えると不安障害という疾患に繋がっていきます。

恐怖症とパニック障害!不安障害の中の疾病のひとつです

恐怖症とパニック障害は不安障害という大きな疾病群の中のひとつの病気にすぎません。

不安障害には大きく分けて次のような病気が含まれます

    <不安障害の6つの疾病>

  • 恐怖症
  • パニック障害
  • 全般性不安障害
  • 強迫性障害
  • 外傷後ストレス障害
  • 非安定性不安障害

不安障害の傘の下には他にまだたくさんの疾病や障害があります。

パニック障害と恐怖症!不安とさほど関連しない状況で現れる

患者は不安や恐怖の対象物や状況から自分を遠ざけようと大変な努力を払います。例えば人前で話せないから結婚式のスピーチを断ったり、人に会うのが嫌でデパートで買い物をしないように行動を制限します。しかしながら自分が不安に思うことに直面することはまずありません

恐怖症の発症時期は?突然発症する恐怖症

子供時代に恐怖症が発症する人、成人してから発症する人、中にはもうすでに地球一周分の走行距離を誇るバスの運転手が、ある日突然運転が怖いと感じて恐怖症を発症することさえあるのです。

通常は恐怖を感じる対象物があっても人は発症しません

通常人は自分が恐れているものを支障なく避けます。成人になると上手にその恐れを隠し、恐怖を表面に出さなくなります。ただ自分の中に潜む恐怖症をこのように実生活に適応させている人でも、ときに恐怖に直面することは必ずあります。

子供は意識しないで恐怖症が次第に消失していく場合もありますが、成人は治療でその恐怖を取り除くまで恐怖症を引きずる場合があります。

恐怖症!100人に7人が経験者?

アメリカでの精神科研究の調査では、100人中7人が恐怖症経験者で、パニック障害は1000人に8人という結果が出ています。恐怖症が精神疾患の中で最も多い病気なのです。
また恐怖症もパニック障害も男性よりも女性の方が多いということもわかっています。

恐怖症3種類!単一、社会、広場恐怖

恐怖症は次に示す3種類に分けることができます。

    <3種類の恐怖症>

  • 単一恐怖
  • 社会恐怖(対人恐怖)
  • 広場恐怖(パニックを伴う場合とそうでない場合があります)

広場恐怖は繰り返されるパニック発作からパニック障害への過程でも現れる障害ですが、パニック障害とは分類されて考えられています。

単一恐怖は危険な状況を体験してから発症

黴菌、高所、臭い、病気など危険な状況を実際に体験して不安に襲われてから、発症します。他の不安障害の患者ほど日常生活に支障をきたすことはありません。全人口の5~12%は一生のうち6か月以上は単一恐怖症にかかっているという調査結果があります。

社会恐怖は苦痛が激しく、医療機関で治療を受ける人が多い

社会恐怖つまり対人恐怖症の人は他人に評価され、欠点を見つけられることや人前で恥をかくことを極度に恐れます。結果、人と交わる場から遠ざかります。社会恐怖は単一恐怖よりも苦痛が激しく、医療機関で治療をする人が多く見られます。15~20歳で発症することが多く、治療を怠ると人生後半まで続きます。

また人生後半までこの疾患を引きずることから、うつ病やアルコール中毒になってしまうことが高い確率であることがこの疾患の特徴です。

パニック発作患者の多くが広場恐怖に進展する

パニック発作のある人のかなりの数が広場恐怖症にかかっています。安心できる人と一緒でなければ外出できないなど日常生活に深刻な支障をもたらします。広場恐怖は次に起こるパニック発作を恐れ、常に不安になり発症します。

そしてパニック発作に襲われたときに対処できない場所に行くことを避けるようになります。パニック発作は突発する発作で、繰り返されるこの発作は「死ぬのではないか」「気が狂ってしまうのではないか」といった底知れない恐怖と不安を患者に植えつけます。

パニック障害!パニック発作が予測できず常に恐怖と隣り合わせ

単一恐怖や社会恐怖の人は自分が恐れているものや状況に近づいたときに恐怖を予測できますが、パニック障害の人は突然のパニック発作に襲われることを予測ができず、いつも不安と恐怖に慄いていなければなりません。パニック障害は全国で50~60万人の人がかかっています。

まとめ

パニック障害と恐怖症はどちらも不安障害のひとつで、共通の症状を持ち、発症する年代や性別も似通っています。またパニック障害と恐怖症はどちらもうつ病を併発することが多いことも紹介してきました。

パニック障害の半数は恐怖症であり、パニック障害の人がうつ病になる確率も高いことがわかっています。パニック障害への過程ともいえる広場恐怖症は、うつ病の誘因となる親しい人との離別や喪失経験をしてから間もなく発症しています。

恐怖症もパニック障害もうつ病の症状である不眠、食欲低下、集中力の低下、楽しくない、無価値の感情の結果とも考えられるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ