職場での人間関係は一線を引いておく

仕事をするうえで、一番ストレスを感じるのは人間関係です。仕事内容が大変でも周りで一緒に働いている人たちが前向きであったり、お互いフォローしあえるような関係であれば、さほどストレスは感じないかと思います。

またその逆で、仕事内容が楽しくても一緒に働いている人たちが足を引っ張ってくるようであれば、ストレスは大きくなっていきます。実際働いてみないと、周りがどんな人たちなのか分からないので難しいのです。

職場の人間関係を解決するには?

うまくいかない職場の人間関係を解決するには、まずあくまで「同僚」であって「友人」ではないということを頭に入れておくといいと思います。友人なら対等であるため、お互い様と思えることも多いですし、付き合いやすいからこそ友人になったわけです。

しかし同僚や上司は対等な関係ではありません。なぜなら職場だからです。職場は仕事をするところなので、利益を生む働きが出来なければいけません。もしかしたら、自分の働きが悪いから上司はきつく当たってくるのかもしれないですし、同僚からの風当たりが冷たいのかもしれません。

なので、まずは職場での自分を冷静に振り返ってみることが大切です。仕事がきちんと出来ていれば、あとは一線引いた関係を保つことをオススメします。

適度な付き合いがいい

プライベートの連絡先を交換してたまにご飯にいく同僚などいたら、確かに楽しいでしょうしストレスも発散させられます。適度な付き合いならアリだと思います。ですが、あまり深入りしてしまうと、ふとしたときに相手に足元をすくわれてしまうこともあるので気を付けましょう。

同僚はもしかしたら仕事で相手を陥れるようなことも考えているかもしれません。付かず離れずの一線を引いた関係で、割り切って職場だけでの付き合いをオススメします。

上司は運

ただ、上司だけは適当にあしらうのも難しい存在です。自分の出世にも関わってくるかもしれませんしね。上司より仕事が出来ても上司は上司。立場はなかなか変えられないのが現状です。私は上司ばかりは運だと思います。

ある程度、聞き流せるようであればそれも仕事のうちと思って割り切ります。あまりに理不尽な上司でストレスがひどい場合は、思い切って労働局などに相談してみるといいかもしれませんよ。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ