うつ病になりやすい性格があった!うつ病になりやすい人はどんな人か?

うつ病になる人と、そうでない人の違いはなんでしょうか。

これにはストレスなどの原因で脳に異常が起きるということがあります。

ですが、根本的には意識の持ち方や、物事に対する考え方といえるでしょう。

うつ病になる人の考え方は?

一般的に大きな違いとして、うつ病になる人は物事を深く考え、また意識しがちです。少しの心配事が頭から離れず、そこから枝分かれして別の問題が浮上してきます。

つまり、きりがないわけですね。

そうして悶々としているうちに疲れてきてしまい、そこに様々な要因が重なってうつ病が頭を出してきてしまうのです。

うつ病にならない人の考え方は?

では反対にならない人は、と言いましても、おそらく想像できると思います。

ずばり、物事に拘らない人です。

多少のことでは悩まず、嫌なことはすぐに忘れることが出来、意識的に思考を切り替えることも上手いです。

うつ病に性格は関係あるのか?

もちろんどちらの性格が優れているとか、良いというわけではありません。うつ病は脳の、あるいは精神面の病気ですので、性格は関係ないとされます。

ですが、病気の特性からして心に深いかかわりがあることも否めません。そのため、このような傾向が明らかにされてきたのです。

また、精神的にも肉体的にも大きな影響を与えるストレス。この発散方法が上手くいっていないとうつ病だけではなく他の病気にもかかりやすくなってしまいます。

外交的な人がかかりにくく、内向的な方に多いうつ病。人付き合いが好きな人がかかりにくく、家に籠りがちな人に多いうつ病。

これらの例からもわかるとおり、うつ病にかかりやすい人はストレスの発散が苦手で、また行き先もなく、自分の心の中に押し込めるというパターンが多いです。

これは本能的に好む傾向があってその位置に落ち着いているわけですから、意識しても変えることは難しいと思います。むしろ無理をすることによって、かえって逆効果ということも可能性としてあります。

うまくストレスを発散して

ですが、だからといってストレスの発散を探しもせずに逃げ、環境のせいにして他に原因を求めてしまうのは、自らうつ病へ進んで行く行為と言えるでしょう。

自分を見つめ直し、意識して思考を切り替える努力が必要です。スポーツ、レジャー、趣味など、挑戦したことがなくて少々面倒くさいと思っても諦めてはいけません。

そこで目を背けずに、腰を上げることが出来るかできないかが、うつ病にかかるかどうかの違いでもあります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ