うつ病の症状は?不安・焦燥感・イライラはなぜ起こる?

「不安感」はうつ病に見られる症状のひとつです。

何か不安を感じることは多くの人にあるでしょうが、心の病では取り越し苦労と言っても良いような、必要以上の心配をして強い罪責・不安を感じることがあります。

この症状は、うつ病の初期段階の様子としても挙げられます。不安を感じる対象は人によってさまざまです。

うつ病の初期段階

例えば、仕事がうまくいっていない人は「自分は会社に必要のない人間なのではないか」と考えたり、人間関係が苦手な人は「自分は誰からも嫌われている最低な人間なのではないか」と考えたりすることもあります。

この他にも、将来への不安や、自分という存在自体への不安など、さまざまなことが挙げられます。不安感がまた別の症状を引き起こすことがあります。不安でいてもたってもいられずに、そわそわとしたりイライラとする様子を見せたりなどです。

うつの症状:不安からくる焦燥感

このような不安感からじっとしていられなくなる状態は焦燥感(しょうそうかん)と呼ばれます。一見すると落ち着きがなかったり、短気だったりするように見えますが、実はこれは不安が心の容量に収まり切れない状態なのです。中には、焦燥感からくる行動だと分かり難い態度を見せる人もいます。

例えば、不安を隠すために口数が多くなったり、不安を悟られまいと無理に明るく振る舞ったりするなどです。また、不安な気持ちでいてもたってもいられずに、やたらと人に話しかけてきたり、イライラとしたケンカ腰な態度で接してきたりすることもあります。

特に、イライラとした態度は高齢者のうつの症状として見られる傾向があります。もちろん、うつ病の人が皆同じような様子を見せるわけではありません。口数が減ったり声が小さくなったりと消極的になる人もいます。

また、そわそわやイライラと言った不安からくる焦燥感は、うつ病以外の心の病の症状としても見られることがありますから、焦燥感があるからと言ってうつ病だと断定できないのも難しい点です。いずれにせよ、考え方や行動・態度が以前と違うと感じたら、気にかけてみる必要があると言えます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ