自律神経失調症で仕事をどうする?色々な手段があります!

自律神経失調症になると仕事ができるのかどうかがまず気になります。自律神経失調症の大概がその仕事に関連して、会社での職場環境や人間関係の影響でなっている事を考えると仕事を続けると言う事のハードルは高く感じます。

自律神経失調症になった時に一番大事な事はその原因を把握する事で、その原因によって取るべき対策が変わってくるのです。仕事をし続ける為にはその原因そのものを無くす必要があり自分を自律神経失調症に追い込む事になった人間関係や職場環境を変えなくてはならないのです。ただし、その他にも考えられる手段や方法はあるので、そのやり方や考え方を紹介していきます。

自律神経失調症になっても仕事は出来る?まず原因を知る事です

最近の社会生活ではストレスを抱えたまま働き続けてしまう事が多く、気付かないうちに自律神経失調症を患ってしまう人が多く見受けられます。理由は様々ではありますが、自律神経失調症を患うと基本は仕事が出来る体調や気分では無くなってしまう事が殆どなのです。

自律神経失調症になると?

自律神経失調症になると直面するのが、仕事をどうするのかと言う事だと思います。長期間休んで治療に専念しても心配無いほど資金がある人はいいとは思いますが、殆どの人が今後の生活もあり直面する悩みだと思います。

まず原因は?

自律神経失調症になってしまったらまず大事な事は何が原因で自律神経失調症になってしまったのかを考えて見る事です。職場なのか仕事内容なのか、それとも家庭なのか、多くの場合は職場での仕事のストレスや人間関係がうまく行っていないなどに起因しています。

働ける状態なのか?

自律神経失調症とは、これと言った症状がでると言うよりも様々な症状が出たり治ったりする事が多く自分でも中々病気なのかどうかの判断がつきにくい病気です。しかしながら風邪などと同じで無理をすれば確実に悪化する恐れがあるのです。よって働ける状態なのかどうかは自己判断せず必ず病院で診断を受けアドバイスをもらうようにしましょう。

今の職場で働く為には?周りの人に相談し理解して貰う

自律神経失調症になった原因が今の職場の環境にあるのならばそのままの状態では仕事が出来ても更に悪化してしまう恐れがあります。その為今の職場で働き続ける為にはその環境を変える為に努力や工夫が必要となります。

上司や信頼できる人に相談

今いる職場での仕事内容や人間関係に原因がある場合は、そのまま仕事を続ける事はとても心配です。その環境を変える事の出来る一人は上司になります。特に人間関係などは自分だけでは変える事は難しいので相談する事で思わぬ環境変化が実現するかもしれません。また信頼できる人に相談する事で環境を変える事に協力をしてもらえる事もあるのです。

病気である事を知ってもらう

自律神経失調症は見た目では分かりにくく周りの人からは理解して貰うのが難しい病気です。自分としては体調が悪い中頑張っているつもりでも思ったように仕事ができなかったり、逆に周りに迷惑をかけてしまう事もよくあります。解決策の1つとしては自律神経失調症を患っている事を伝え知って貰う事が必要です。知って貰う事で周りの理解も深まるのです。自律神経失調症になる事は決して恥ずかしい事では無いので話をする事が大事なことなのです。

休職するには?傷病手当を活用する

仕事を継続しながら自律神経失調症の治療にあたってきたけれど一向に改善しなかったり、これ以上仕事を続けると更に悪化しそう、職場環境の改善努力も限界といったような状況になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?会社を辞めるという手段もありますが、その前に傷病手当を活用するという手段もあります。

傷病手当とは?

傷病手当とは健康保険に加入している人が安心して病気や怪我などの治療に専念出来るように手当が支給される制度なのです。その制度を活用すれば直ぐに会社を辞めるのでは無く休職して治療に専念する事が可能なのです。

傷病手当の支給額は?

健康保険組合から支給される傷病手当の支給額は、その人それぞれによって金額に違いがありますが、それは給与の日額報酬がベースとなっているからで3分の2に相当する金額が最長で1年半支給を受けられるのです。

傷病手当を受ける条件は?

この傷病手当を受けるにはいくつかの条件があるので気を付けて下さい。

  • 健康保険に加入している事
  • 病気や怪我で会社を休んでいて給料の支給を受けていない事
  • 医師の診断で仕事を休職するように言われている事
  • 連続して3日以上会社を休んでいる事

傷病手当の手続き方法は?

大会社の場合は殆どが会社に健康保険組合があるので総務などが窓口になっているので相談するようにして下さい。中小企業などで協会けんぽなどに加入している場合は次のような手続きが必要となります。

まず始めに行う事は会社への休職届を提出します。そして傷病手当金の申請書を準備します。そして傷病手当金の申請書内にある医者による証明書の欄に記載してもらい、同じく申請書内にある会社の証明書欄を記載してもらいます。そして完成した申請書を健保組合に郵送または直接届ける事で申請書が受理されます。

休職して治療しても治らない?退職する事も必要

傷病手当をもらいながらの治療も1年半が限度です、それでも一向に良くならない場合や仕事をしなくてもそれなりに貯金などがあり当座の暮らしには直ぐには支障無いようであれば苦しい判断ではありますが、退職してとにかく治療に専念する事も視野に入れなくてはなりません。

自律神経失調症の場合は自分自身の生活環境を変えないかぎりなかなか治らない事が多いので会社を休んでいるという事が心理的ストレスとなり余計悪化している事もあり得ます。

働けているうちなら?転職も手段の1つ

自律神経失調症になっても症状が軽い内ならば環境を変える事で病状が改善する事もあります。逆に今の職場環境が原因であるならば、ストレスを更に溜め込み悪化するだけなのです。自律神経失調症になりながらも仕事を続けていきたいと思うならば生活環境が規則正しく生活出来る仕事を選ぶ事が重要と言えます。

転職先のポイントとしては、残業が無いとか少ない職場、要は生活リズムを崩しにくい職場を見つける事が大事です。又、規則正しい生活を送るためにも朝から夕方までの職場を選ぶようにして下さい。

このような職場を見つける事はなかなか難しいのですが、自律神経失調症をこれ以上悪化させない為にも重要なポイントとなります。

まとめ

自律神経失調症になってしまうと仕事を続けることに支障が出てしまう事が殆どとなります。働けている内ならば、その原因をよく見直しその環境を改善する事で仕事を続けながら治療を進めていく事も可能ですが、それにはやはり職場の協力は欠かせないのです。

しかし職場環境を上司などに相談して変えられる職場はいいのですが、全ての職場がそういうわけには行かず、自分自身追い詰められてしまう事も多いのです。そのような場合は、思い切って仕事を休職し、治療に専念する事が大事です。自律神経失調症はそのままの状態でよくなる事は無く、環境が変えられなければ必ず悪化してしまいます。社会保障の観点からも傷病手当が健康保険では準備されているので日頃からも傷使用の条件をよく調べておきいざという時には使えるように準備しておく事が大事なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ