店長の無理難題で嫌気がさして辞めることに 男性 飲食店バイト 20歳 T.M.さん

私は個人経営の小さい飲食店につとめていましたが、そこの店長と同期との付き合い方に私自身とても悩んだ経験があります。そのことについて書いていきたいと思います。

店長との付き合い方

私の働いていた飲食店では個人経営の何十年も続くようなところでした。そこでは店長と常連のお客さんが一緒にお酒をともにするということが多々あって最初の頃は、それだけの信頼関係が築けているのが純粋に凄いことだと私自身思っておりました。

しかし、特に仲の良いお客さんがいらっしゃると、いつもよりもお酒を飲む量が多くなり、店長は酔ってしまいます。実は素面の時は店長は気難しいところがありますが、気配りができ、尊敬できる人でした。

そして、酔ってしまうと、バイトの私ができもしない無理難題を吹っかけては、それができないことをお客さんの前でも平然と責めて、さらにお客さんのいないところで暴言を吐き、それが私には耐えられませんでした。

しかも、酔った時の記憶を翌日には忘れてしまうという始末でした。素面では尊敬できる人でしたが、酔ってしまうとそのようになる。店長のそんなギャップも私を悩ます原因でした。

しばらく、店長との接し方について悩みながらなんとかやっていたのですが、ある日、酔った時に私の給料をお客さんへのお釣りとして渡していたことが分かり、その職場を辞めることを決心しました。

辞めようとしてからの態度

私は店長に、本当の理由は話せず、一身上の都合ということで辞めさせていただくことにし、その日から2か月後に辞めることにしました。

それから店長の態度が変わり、素面の時でも必要最低限のことしか口にせず、酔うとこれまで以上に責められました。さらには辞める理由についてもあることないことお客さんに話されたりしました。

しかし、辞めるまでは我慢しようと思い、当時は何とか笑ってやり過ごしていました。

辞めてからその後

その職場を辞めてから、新しい飲食店に勤めました。もう店長とは連絡を取っていません。

辞めた直後くらいには結構な頻度で、もう一度復帰してくれなどといった内容の電話がかかってきましたが、もう着信拒否をしました。

今の職場では前の職場とは違って非常に明るい雰囲気で働いています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ