強迫性障害はなぜなるのか?脳の機能の障害が大きな原因になります!

外出の時に何度も何度も、家の鍵をかけ忘れていないかと心配になり確認する事を繰り返すことをする事が毎日のようにある。自分の手が汚れているという思い込みから、何度でも手を洗う作業を繰り返してしまう。周りはバイキンだらけと感じて、全ての物を消毒してしまう。

これらは、全て強迫性障害の症状の1部です。不思議な事と、感じる方も多くいますが本当にこのような症状に振り回されている人はいるのです。

本人も何でこんな事をしているのかと、疑問を感じているのですがそれ以上に大きな不安からその様な行動をとっていまっているのです。今回は、そんな強迫性障害がどうして起こるのかという原因について調べました。

強迫性障害は何?不安の基が頭に浮かぶ事で始まる!

強迫性障害は、強い不安になる基の考えが頭に何回も浮かんでしまうのです。その不安を取り除く為に、同じ行動を繰り返すのです。

このように、制御することが出来ない想像をする事が強迫観念です。その強迫観念から感じてくる不安を取り除く為に同じ行動を繰り返す事を強迫行為と言います。

何度も家の鍵をかけたかを確認する事や、手の汚れが気になり何度も何度も洗い続けてしまう事などがありその行動が日々の生活に支障がでます。

日常生活に支障がある!

強くて長く続く不安を取り除く為に行なわれる行動が、何度も何度も繰り返されるのでその確認行動に時間がかかり仕事の能率が悪くなる事や人間関係も悪くなりやすいです。

症状はどんなものか?

強迫性障害の症状は、強迫観念と不安感を取除く為に行なう行動になります。症状の出方は人それぞれありますが、良く見られる症状を下記に挙げました。

    <強迫性障害でよく見られる症状とは>

  • 汚染されていると強い不安から繰り返し手を洗う、何度もお風呂に入る
  • 家の鍵をかけ忘れたのではと不安になり、何度も戸締りを繰り返す
  • 対象性や順番等の正確性にこだわり、並べ替える事や、やり直す事を繰り返す

強迫性障害はどうしてなるの?脳の機能障害が原因!

強迫性障害の患者さんは、本当は汚れていないのに汚れている等の強い不安を持つ事で症状が出る病気す。これは、性格の問題ではなく脳の機能障害の為なのです。

この事は、ポジトロン断層法などの画像研究から判って来た事ですが患者さんの脳で同じところに正常な方の脳では見られない状態がある事です。

画像を見ると症状が出ている時には、大脳の前頭葉皮質から大脳基底核や、視床への回路に機能の異常が関係あると示されています。

画像検査でも証明!

症状が出ている時には、脳の中で良い事か悪い事かを判断する前頭眼窩面や大脳で決まった事に応じて身体を動かす線条体に記憶に関係ある前部帯状回と嗅覚以外の感覚がある視床これらの部位に異常が見られています。

きっかけはストレス!

強迫性障害は、だれでも罹り易い病気です。その原因としては、なんらかの大きなストレスを受けた後に発症する事が多く見られます。

強迫性障害が脳の機能障害?脳の1部分が働き過ぎ!

強迫性障害になる原因は未だはっきりとした事が分かっていないのが現状です。しかし、最近の研究により脳の1部分が働きすぎている事が分かってきました。

それには、脳の神経伝達物質のセレトニンの量や働きが大きく関係している事も分かってきました。これは、患者さんの脳内のセレトニンの量が少ない事から間違った考え方をするように指令を出すので実際は汚れてないのに汚れてると脳が信号を出してるのです。

脳が間違った指令を出す?

強迫性障害の患者さんの脳の中では、本当ではない間違った考え方をさせて強迫行為を繰り返すようにさせるのです。この指令を出す部分は、1部分ですので「自分の行動がおかしい」と分かるのです。

自分は強迫性障害かも?早めに専門医を受診しよう!

症状にもよりますが、強迫性障害の症状が現れると清潔にする為にトイレに時間が掛かるとか過剰な洗浄により手があれるようになる、水道代が高くなる等が分かります。ご家族が判る基準にもなります。

また、戸締り等の確認の行動では時間がかかるので約束の時間に遅れる、仕事の作業でも時間がかかり遅れる事もあり日常生活にも支障が出て来ます。この様な時には、1日も早く専門家の精神科や心療内科の受診する事をお勧めします。

強迫性障害か確認!

まずは、病院を受診しましょう。自分の症状の判断に自信がない時でも、病院で強迫性障害か確認をする事が出来ます。その事が、治療には大切な事です。

病院での治療とは?薬物治療と認知行動療法になります!

強迫性障害は、正しい治療を行なう事で改善されます。患者さんにより症状の状態が違うので、その治療に掛かる時間には違いがあります。

治療は、薬物治療と認知行動療法を中心に行われ専門医により正しい判断の下行なわれます。どちらの治療の時でも、状況に合わせて時間を掛けて行なわれます。

今患者さんは専門医の下で、正しい治療を行なう事で日常生活に支障が出にくくなる状態にまで改善する事が出来ています。

薬物治療はどんな薬?

強迫性障害の治療薬は、シプナスでのセロトニンを増やして神経伝達の働きを良くする為に選択的セロトニン再取り込み阻害薬というタイプの薬が効果を発揮しています。状況にもよりますが、1年以上は飲み続ける事になります。

なぜ治療方法が2個?

強迫性障害の治療は、薬物治療と認知行動療法の2つを行う事で高い治療の効果が発揮されます。そして、薬物療法だけの治療の患者さんよりも両方を行なった方が再発の患者さんが少ないのです。

まとめ

今回は、強迫性障害についてどのような病気なのかその症状について今判って来た原因についてそして治療方法、強迫性障害を疑った時についても調べました。

強迫性障害とは、患者さん本人もおかしい行動だと感じながらも強い不安が続く事で繰り返して同じ行動をしてしまう病気になります。

原因は脳のセロトニンの量による、脳の機能障害が関係しています。自分は少し神経質なのねと、考えている方もいますが正しい治療をする事で改善される病気です。

自分でもしかしたらと感じた時には、1日も早く専門家のいる神経科や心療内科を受診しましましょう。自分が強迫性障害か確認をする事が、治療には大きなポイントになります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ