うつ病を放置すると症状は悪化して仕事に行けなくなる

うつ病とは、強いうつ状態が長期にわたって続き、日常生活に異常をきたしてしまう症状のことをいいます。

一時的な気分の落ち込み、やる気の欠如ではなく、「何もやる気が起きない、気分が沈む、自己嫌悪がひどい」状態が数ヶ月にわたって続いてしまいます。

他にも、頭が痛い、だるい、食欲がないなどの身体症状が出ることもあり、現代人がかかりやすい病気の一つとして、広く一般にも知られるようになりました。

うつ病は気分だけでなく身体症状も

このように、うつ病は単なる気分の問題だけではなく、身体症状も伴うことが多いため、発症するとそれまでできていた仕事ができなくなってしまうことがよくあります。

それどころか、会社に行くことすらできなくなり、欠勤続きに…ということも珍しくありません。このため、うつの症状が重くなった時には、医師から休職を進められることになります。

また、うつの原因と思われるものが職場にあり、それが患者本人の意志では改善しようがない場合は、退職して新しい仕事を見つける必要が出てきます。

うつは放置しておくとどんどん悪化する

うつのように、外から見てはっきりと分かる症状が出ない病気の場合、休職に際して周囲から冷たい目で見られたり、休職する本人が後ろめたさを感じたりしてなかなか上司に相談できないというケースもあります。

しかし、うつの症状は放置しているとどんどんひどくなり、はじめの内はなんとか仕事ができていたものの、やがて出社もままならなくなる恐れがあります。

そうなってから休むよりは、症状が軽い間に治療に専念するほうが、復帰までにかかる時間が短く済む事もあるのです。

気分の落ち込みがなかなか改善しない、食欲がない、だるいなどの症状が長く続いたら、まずは医師の診察を受けてみましょう。

その上で、うつ病と診断され、休職を進められた場合は、まず直属の上司に医師の診断書を携帯した上で相談するのがベストです。

仕事に対して責任感の強い人ほど、うつになりやすいとも言われています。体の健康を第一に考え、仕事に対する姿勢も見なおしてみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ