母の献身的な愛に助けられた!職場に馴染めなくて鬱体験! 女性 33歳 エステティシャン K.N.さん

心の病気でもある鬱に悩まされる人は増えています。私の様な悩める女性へ鬱を回復するための行動をご紹介しましょう。

鬱を対策するのは一人の力では限界があります。やはり大事なのは周りの協力なのです。私は鬱になってそのことがよく分かりました。

辛くて能面の様な顔をして暮らしていた私を助けたのは家族の協力だったのです。今ではもうすっかりと鬱の症状はなりを潜めて治りました。

職場に馴染めずに鬱へ

私はどうしてもその職場に馴染めませんでした。

それまでもっとかっちりした仕事をやっていたのです。でも体調を崩したことを原因に失職してしまいました。このせいで私は再び会社に復帰することができずに泣く泣く違う特殊なお仕事に就きました。

それがエステティシャンだったのです。この仕事をしたいと思ったことは一度もありません。むしろ母の知り合いのつてで入れてもらった感じでした。だから余計に馴染めなくて、その私の態度に反感を持つ他のスタッフと段々溝ができてしまいました。

このせいで私は孤立して行って鬱になりました。自分でも自分が悪かったと思っています。

休職したときに親に問い詰められて辛かった

休職したのはこれ以上その職場でいたら、鬱で立ち直れなくなると思ったからでした。

鬱の怖さを知らな母は大いに反対したけど、私はこれ以上無理で仕事を休ませてもらったのです。休職したのはこのような理由でした。このとき一番大変だったのは母の存在です。

母が「どうしてやめるの?」と私を問い詰めてくるのです。ただでさえ人間恐怖症な私にこうやってきつく言ってくるのは逆効果です。私は親に問い詰められて益々殻に閉じこもりました。このときは一向に鬱が治る兆しはなかったです。

親が分かってくれて少しずつ回復の兆し

そんな私の鬱に回復の兆しが現れたのはこれまた親の影響でした。母の存在があったから私は少しずつではありますが、鬱症状を回復することができたのです。

母は私のために一生懸命鬱に良い方法を探そうとしてくれたり、鬱に良い漢方やサプリを用意してくれました。こういう母の一生懸命な看病により良くなったのです。私は鬱と言う心の病は周りの協力で良くなると思っています。

私に鬱の回復の兆しが現れたのは母のそう言った努力のおかげです。そして両親が自分の病を分かってくれて、こんな私を受け入れてくれた安心感から治りました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ