パニック障害で生じる発作!閉鎖空間やリラックス時に生じる

パニック障害は、パニック発作が生じる疾患です。パニック発作は、突然に生じるため、今までは普段通りに、平和に日常を過ごしていた人でも、いつなんどき発作が生じるかが分かりません。

今回は、いつ生じるか分からないパニック発作が、特に、どういった状況下で生じやすいかについてまとめていきます。パニック発作が生じやすいのは、閉じ込められた空間ですが、普段自宅に居て、リラックスしている状態でも生じやすいため、危険が必要です。

発作が生じやすい状況!特定の状況が存在

基本的にパニック発作は、いつどこで生じるかが分からない発作ですが、パニック発作が生じた状況に着目してみると、ある特定の状況が見えてきます。パニック発作が生じたときに、いったいどこにいたのかが重要になってきます。

逃げ出せない場所で!不安と恐怖の出現

パニック発作は、万が一何かが生じた際に、逃げ出すことができない状況下で、特に生じやすいです。逃げ出せないような状況下に置かれた際に、なにかあっても逃げ出せないという不安感と恐怖感が押し寄せてくるためです。

車の中で運転中に生じることがある

車の運転中に、突然パニック発作が生じることがあります。運転席で運転中だけでなく、助手席に座っているだけで生じることもあります。車の運転中に発作が生じた場合は、重大な事故に発展する可能性があるため、大変注意が必要です。

会社で会議中に生じることがある

会社で、会議中に自分の作った資料が批判されたことが引き金となって、自分が発言するタイミングで発作が生じることがあります。大切なプレゼンテーションや重大な会議中にパニック発作が生じ、仕事面で大変なトラブルに発展することがあります。

エレベーターの中で生じることがある

エレベーターの中は、不特定多数の人が、狭い空間の中すし詰めの状態になってしまいます。狭く閉じられたエレベーター内で、自分が出られなくなってしまったらどうしようという不安感・恐怖感が生じてきます。

買い物中、レジの前で生じることがある

普段、スーパーマーケットなどで、多くの人込みの中でレジで待っている状況下で発作が生じることがあります。一度列に並ぶと、もう同じ順番には戻れないという漠然とした緊張感・不安感に押しつぶされてしまう人がいます。

特に多いのは、電車の中で起きることが多い

最初に経験するパニック発作は、電車の中であるという訴えは比較的多いです。通勤・通学中の電車の中でパニック発作を一度経験すると、それ以降電車にはいっさい乗れなくなります。また、電車に乗れたとしても、目的の駅まで各駅で下車しなければ目的の駅まで到着することができなくなる人もいます。

生じやすい時期!秋と冬に多い

パニック発作は、主に秋と冬に生じやすいことが明らかになっています。秋から冬の時期は、うつ状態が強くなりやすい時期でもあります。

うつ病とパニック障害との関連性

うつ状態が強まる時期とパニック発作が生じやすい時期は重なっているのです。うつ状態が悪化すると、パニック発作も生じやすくなるのです。

自宅でも!青天の霹靂のような感じ

パニック発作が生じるのは、狭く閉ざされた空間だけではありません。まるで青天の霹靂という感じで、自宅で落ち着いて過ごしているときでも生じやすいのです。そのため、パニック障害の患者さんには、心がやすまることのできる時間や場所がない状態であるといえます。常にパニック発作におびえる人も多いのです。

発作に注意!リラックス状況でも生じる

発作が生じやすいのは、自宅でくつろいでいたり、普通に過ごしていたりしていても生じます。何も考えずに、ぼーっとしたりしていてもパニック発作に襲われることがあります。以下に、発作のおきやすいリラックス状況についてまとめています。

    <発作の生じやすいリラックス状況下>

  • 食事中家で食事中、レストランで食事中に生じる
  • テレビを見ている最中ドラマやアニメを見て落ち着いている状況下で生じる
  • 料理中キッチンで立っている最中に生じる
  • 睡眠中睡眠時で生じると死の恐怖に襲われる

楽しい雰囲気でも突然に生じる

発作は、精神的にも落ち着いていて、不安や恐怖を感じる原因がないのにも関わらず、パニック発作が生じます。直前まで、楽しい雰囲気で過ごしていても、パニック発作は突然に生じます。その原因としては、普段のストレスがたまっていた、ということが挙げられます。

リラックスしている状況下でも生じる原因は不明

リラックス状況下でパニック発作が生じると、患者さんの心安らぐ時間が奪われます。しかし、リラックス状況下で生じる、はっきりとした原因は分かっていないというのが現状です。

まとめ

パニック発作の生じやすい状況下についてまとめましたが、パニック発作が生じやすい状況は、日常のありふれた一コマであるということが示されます。幸せな日常の一コマであるのです。そのため、誰もがパニック発作を生じさせる可能性があるのです。

これが、今現在なんの問題もなく、職場や学校で幸せに過ごしている健康的な人が、パニック障害を他人事で済ますことに対する危険性がひそんでいる理由です。睡眠中にパニック発作が生じてしまうと、晩寝ることもままならないのです。パニック障害の恐ろしさは多くの人が知識として有しているべきなのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ